2019年01月29日

会議録は印刷してあるものを受領したい

  ペーパーレスをめざそうというので、町議会で必要書類をタブレットで受け取る仕組みが出来上がり運用しています。これだと軽いので書斎を鞄に入れて移動するような感覚になるのですが、突合作業は事実上不可能であり、まして予算決算では追い付けません。日本共産党議員団はどのような資料であってもすべて印刷して吟味し保管することを実践しているのですが、先日中央公民館の棚に会議録が印刷されて閲覧に供されていることを発見しました。議会事務局に照会すると全部で10冊印刷し、公共施設や保存に使用しており、削減前には議員14名と合わせ24冊印刷していたが現在は10冊になっているとのことです。
  ペーパーをできるだけ少なくするのは時代の流れでもあり理解できるのですが、必要なものは欲しいというのが率直なところです。2月1日に議員懇談会が招集されており。この問題も議題に上がるため、せめて「希望する議員には交付すべし」と提案したいと考えます。
  私は当選以来、この会議録が交付されたらほぼすべてを通読して反省材料に使用しており、印刷費用もバカになりませんので、積極的に提案して理解を得たいと思います。
  P1272059.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:36| Comment(0) | 日記

2019年01月28日

千島列島・歯舞色丹島の返還要求に歴史的正当性を主張せよ

   「領土交渉には時間がかかる」と安倍首相は早くも音を上げそうな発言をしていますが、相手のロシアは「日本は第二次大戦の結果を受け入れよ、いずれの島も主権はロシアにある」と主張しています。日本では8月15日が終戦記念日とされますが、かの国では9月2日というずれもあります。
   こうした中で第二次大戦の戦後処理をめぐりカイロ宣言の重要性を指摘しなければなりません。戦後処理を巡ってはこれまでの戦争の勝敗で領土の割譲するのでなく、外交交渉による国境線を尊重すべしというものです。となれば、1875年の樺太千島交換条約まで戻らなくてはなりません。ヤルタ会談でカイロ宣言を無視して、戦後はソ連に千島列島を引き渡すことを3国で勝手に決めるなど許されません。
   広陵町も加入している北方領土返還奈良県民会議の場でこれらのポイントを確実に主張してもらわなくてはなりません。数年前に一般質問していることが現実的な意義を持つようになってきたことに驚かれされます。
   27日のサンデーモーニングでは、以上の事情もきちんと踏まえた報道がなされました。学び舎発行の中学校歴史教科書でもこれらの事情が確実に理解できるようになっています。本格的な外交交渉を展開しなければ事態は動かないでしょう。
   P1272050.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 16:26| Comment(0) | 日記

2019年01月27日

新春のつどいに参加しました

   毎年この時期に開催している新春のつどいに参加しました。統一地方選挙の候補者がずらり。5人の県議会議員は、この4年間に取り組んできて、今度の争点になることを中心にして訴えをしました。その中でも、宮本次郎県議の高校再編の問題に関する告発は、荒井県知事がいかに教育をないがしろにしているかを白日の下にさらしたもので力強かった。定数2名の生駒郡から是非勝ち上がってほしい。
   順番を待っている今井光子県議です。普段見せたことのない表情で、その決意のほどが窺われます。
   P1272082.JPG
   宮本たけし衆議院議員が応援に来てくれました。2000万人に影響する労働統計調査の改竄問題を鋭く指摘。私も失業給付が少なく支給された可能性が高く必ず請求することにします。明日から通常国会という合間に駆けつけてもらって感謝です。私の隣席に、懇意の方がおられて、旧交をあたためながら、意見交換も進められてのがさらに良かったと感じます。
   P1272076.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 22:08| Comment(0) | 日記

2019年01月26日

元気号の見直しのためにワークショップに参加しました

   20名にも満たないメンバーで果たして十分な成果が得られるのか確信が持てませんが、私が主張したのは以下の通り。➀通勤・通学用の元気号と買い物・医療機関・役場行きなどではルートを分けて考えよ ➁乗り換えがあるとつらいという説もあるが、町の中央部で同時刻に集まって乗り換えをすれば要する時間の節約にならないか ➂馬見北4丁目は坂道でありここに元気号を走らせよ ➃隣接する大和高田領になるがコープなんごうにも停車すべし ➄ポイントになる施設でない場合には元気号とデマンドタクシーを組み合わせて対応すべし ➅奈良交通バスが走っているルートであっても元気号を走らせよ(奈良交通バスも本数が少なく不便な場合がある)
   同じグループからは ➆百済・広瀬のような田園地帯からは東西コースを設けエコールマミに買い物に行けるようにすること ➇乗車賃は100円を維持することの2点が要望としてでました。
   国交省運輸局と奈良交通バス社からも助言者が現れましたが、利害の調整をする場には必須の人たちですが住民間の話し合いでは初回でもあり不要ではなかったかと感じました。
   もう一つのグループから発表したのは濱野議員でしたので、私の参加したグループでは報告は私がせざるを得なくなりました。このワークショップは昨年10月に実施された無作為抽出によるアンケートに回答した住民から募集したものであり、私は住民の一人として参加したものです。
   P1262048.JPG 
posted by やつおのおっちゃん at 22:27| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

NHKから依頼された「地方議員アンケート」に回答しました

   氏名・生年月日・所属政党・党歴の記入を前提にしたNHKからのアンケート調査があり、すべて回答して議会事務局に手渡しました。地方議員のなり手が少ないというのでNHKが企画を組み現役議員のアンケート調査を行って番組をつくろうとしているとのことです。
   設問がいろいろあって面白いですね。地方議員をNHKとしてどのように見ているのかが垣間見えて興味を持ちました。いずれ番組やHPで明らかにするとのことですので注目しておきたいと思います。
   設問のいくつかを紹介します。1)選挙活動で以下の活動をどの程度重視していますか?A.街頭演説B.支援団体へのあいさつ回りC.集会D.電話E.HPやSNSでの情報発信F.リーフレットの配布G.見栄えの良いポスター作りH.選挙公報 ・・・・私の回答「いずれもとても重視」あたりまえですやろ 2)A.議員であることは大変名誉B.「先生」と呼ばれると気持ちがいい C.議員の立場はおいしい D.議員報酬は少ない E.議員間の上下関係が厳しい F.議員に対する世間の風当たりは強い G.議員になって羽目をはずせなくなった H.有権者から無理難題が多い I.有権者のセクハラ・パワハラがある J.別の議員のセクハラ・パワハラがある K.冠婚葬祭・地域行事への対応がつらい L.国会議員の顔色を伺うのがつらい・・・・私の回答 とてもそう思うはFのみ、他は「あまりそうは思わない」「全くそうは思わない」だらけ。恐らくNHKの理解は議員個人が利権・名誉・報酬などを目的にしており、これが満足しないときは「議員になってもうまみがない」と考えているのではないか、議員なんてその程度のもの、と考えているのではないかと想像します。
   皆さんならどう思われますか?ちなみに私は議員になる前から「羽目をはずす」ことはしていないので「羽目をはずせなくなった」は該当しないのですが「全くそうは思わない」と回答すると「羽目をはずしているんですね」という風に誤読される危険があります。もともと煙草を吸えない(吸おうとすると咳き込んで体が受け付けない)体質の私は禁煙はできないというのと同じです。
   SKM_C224e19012515310.pdf
posted by やつおのおっちゃん at 16:02| Comment(0) | 日記