2019年07月29日

女房殿からの依頼

  小学校教員であった女房殿が、現職時代に入手して活用していた書籍についてどうしたものかと相談してきましたので、私が欲しいと思う書籍だけ抽出して私の部屋に搬入することにしました。よって引き続き私の部屋は大変な状態になろうとしていたのですが、逆に空間が生じた棚に議会関係資料のファイルを置くことにしましたのでちょうどよい具合です。あとは幅を取っている3本のキャビネットを倉庫に移動して部屋の空間を確保することにしました。これでようやく戦う体制が整備されつつあります。
  彼女が現職時代にいつも気にかけていた、教科書選考の臨時教育委員会が8月上旬に開催されることが判明しましたので、私は傍聴希望を教育委員会事務局に伝えています。基礎的な力を身につけると同時に、教師にとっては教えやすく、生徒にとっては学びやすい教科書の選考を是非お願いしたいものです。
  韓国との関係が悪化していることが大変心配ですが、大切な隣国であり、かつて日本帝国主義が植民地支配した国なのですから、善隣友好の立場で的確な対応ができるように、子どもたちには子どもたちなりの理解ができるような力を醸成したいものです。特に社会科の教科書は焦点ですね。
  午前中は議会活性化特別委員会を開催し、補助金適正化条例に改定について、大規模災害発生にともなう議会の対応についての2点について協議しました。この委員会は当初1年の予定でしたが、条例の点検と見直しをしようというので9か月延長するという流れですが、よく議論して議員間合意を促進するように努力したいと思います。他の委員各位も熱心に議論に参加しています。
  P7080653.JPG
  
posted by やつおのおっちゃん at 20:26| Comment(0) | 日記

2019年07月28日

自治体学校に行ってきました

  毎年この時期に開催される自治体学校は、今年は静岡県で開催され、3日間の日程のところ2日間だけ参加してきました。人口が400名の高知県大川村から和田知士村長から講演をいただき、小さくても輝く自治体にと努力していることが報告されました。自治体問題研究所の岡田知弘理事長からは、政権が2040年の自治体再編めざしてさまざまな動きを示しており黙過できないこと、特に地方自治を否定し、政権が思うがままに国家の運営に当たれるような体制づくりを狙っていることを事実を挙げて詳しく説明がありました。
  分科会では「地域循環型経済と一人ひとりが輝く地域づくり」に参加しました。中小企業振興条例を県内で1番目に制定したわが広陵町ですが、その後の展開は、35億円を投じて2万2千坪の土地を買収造成して新たな企業を誘致する計画を町が明らかにしたことで、いったい中小企業振興条例を制定した意味合いが一体何であるのか疑問符が生じていることなどを指摘しておきました。今後も調査と住民のみなさんのご意見を承る活動に鋭意努力する予定です。
  近隣の地方議員とも連絡をとって、互いの自治体の課題なども交流しながら、鋭気を養い、さらに秋以降の取り組みをいよいよ準備する覚悟の決まった研修になったと思います。
  予め議長あてに政務活動費を使って研修に出かけることを報告しており、交通費・宿泊費・参加費等所用の費用を請求することにしています。いろいろとよくない情報が飛び交う政務活動費ですが、本来の目的に照らして正しい使い方をしてこれからの議員活動に資するようにしたいと思います。
  写真は分科会での岡田知弘理事長(現:橘大学教授、出身が富山県福岡町で私と同郷です)です。これからもよろしくお願いいたします。
  P7282809.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:06| Comment(0) | 日記

2019年07月27日

八尾事務所(私の書斎のことです)片付けました

   書籍や新聞など格納している部屋が、台風による雨漏りで使用できなくなり、やむなく書斎に(八尾事務所と呼んでいます)緊急避難して4か月が経過しました。参議院選挙も終了し、気分転換も兼ねて掃除をして片付けました。探していた書籍が見つかり喜んでいます。書籍は開架式ですぐに取り出せるようにしておかないといけませんね。書庫の建設を何とかめどをつけたいと頑張っています。
   キャビネットに貼ってあるのは、町会議員選挙で使用したポスターです。4年に一度の事業で表情は覚悟が定まっているでしょうか。我ながら気恥ずかしいですね。
   P7262799.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 05:00| Comment(0) | 日記

2019年07月26日

選挙管理委員会の動向

   TVで報道されるのは、数合わせのために不正処理を行ったことが露顕した自治体の事ですから、報道されない自治体では正常に処理されたか誤りが発見できなかったかのいずれかであろうと思います。性善説をとる場合が多いと言われるわが国では、よほどの事でない限り明らかにされることはないものです。
   静岡県富士宮市の開票実務で誤りがあった(酷似した候補者を取り違えた)ことは新聞でも大きく報道されました。写真は未投票の有権者を「気が動転して」(ほんまかいな?)投票済みにカウントしてしまった事例の報道です。広陵町の場合は、当初「2票の持ち帰りがあった」といったん報告されたが、よく調べてみるとカウント誤りがあり「持ち帰りは1票」に訂正されて業務を終了しました。でもこれだって危険な兆候ではないかと十分に原因を調査する必要があるように思います。投票率が50%を切った上に、持ち帰り発生では不正投票を阻止できません。
   P7252797.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 22:53| Comment(0) | 日記

2019年07月25日

第61回自治体学校に参加します

  今年は静岡県で開催されます。日頃の活動を検証するうえでも有効な研修会ですので期待しています。同じ環境の仲間との再会は楽しみなものですので、大いに交流し学んできたいと思います。
  今日は29日に予定している議会活性化特別委員会の打ち合わせを行いました。動けばいろいろなことが分かってきますがそろそろ決着をつける問題も含まれます。そんな打ち合わせをしようと集まると総務課長が面談を求めてやってきました。開票事務に関する質問に答えたいとのことですので、承ることにしました。けれどもいろいろ問題のある回答であることが分かりましたので、引き続きよく調査して対応します。
 P8060769.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:38| Comment(0) | 日記