2018年12月04日

労働基本権のない議員にも「人勧」は適用するのか?

   期末手当をアップする条例改定案が町長から提案されます。人勧=人事院勧告を議員にも準用するのだそうです。給与が上がるのだからよさそうに見えるのですが、労働基本権がもともとない議員において、道理のない提案であることに間違いはありません。昨年の12月議会でも同様の議論があり、ある議員などは「受け取りを拒否しないのか」などと変な「反論」がありましたっけ。
   結果がどうなるかは分かりませんが、もしアップされたら有効に使うことで住民に還元することになりますが、二元代表制の一方の側が町長を監視する役割があると言っておきながら、自分にそこまで甘いようではダメなのと違いますか。
   写真は研修中の私を自撮りしたもの。
   P7041674.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:07| Comment(0) | 日記

2018年12月03日

議会運営委員会が開かれました

   先日の岩倉市議会視察研修の結果を受けて、今回の議会から議員間討論を充実させようということで時間を確保することになりました。試みの段階ですから、常任委員会の論議との関係性もこれから議論の対象になりますが、特別委員会のまとめとしては来年3月議会になる見込みです。
   0848YKT030503E009A[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 16:55| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

詩吟の全国大会に出場しました

   昨年は会場まで到達していながら体調不良で棄権していましたので、今年はどうしても吟じて名誉回復しなければならないと考えていました。咳が続き日頃の声量が確保できないため、師匠からマイクをぐっと近づけて吟じること、練習は1回だけにしておくこと、表現の一部にふさわしくないものがあるので元に戻すこと、などの指導を受け何とかやり切りました。
   入賞は逃しましたが、追って点数を教えていただけることになっています。
   宗家による講評がありましたが簡単にはこの域にはたどりつけません。
   PC021834.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 17:35| Comment(0) | 日記

2018年12月01日

鍼灸院で胃の荒れを指摘されました

   先日から通っている鍼灸院での治療にでかけました。咳をしているので「八尾さん舌を見せて下さい」とチェックが始まり「これはいけませんね、胃が荒れてますよ、どうされましたか?」「先日来より風邪を引いたようで困っています」「分かりました。今日はそこを中心に診ます。」ということに相成りました。
   「背中の首のすぐ下を風門(ふうもん)と呼び風邪はここからくるので、ここを暖めますから、以降に風邪をひきかけたらタオルを当てるなり、時にはドライヤーを当てて暖めてみて下さい。」とのことです。治療後1時間経過しましたが、体全体がぽかぽかして気分も爽快になってきました。
   明日の午後に、泉佐野市の泉の森大ホールで詩吟の全国大会に出場する予定なので、これ以上咳がでたり体を動かすのがきついと思うように吟ずるのが困難になりますので、安静にして風邪を少しでも退治するように試みたいと思います。詩吟は連吟といって2人で組を組んで吟ずるのでどうしても出場しなければなりません。
   昼日中からあんまり気持ちのよい写真ではありませんが、記録のつもりで今朝の舌をアップしておきます。鍼灸の先生には細やかで分かりやすい指導に感謝しています。
   苔の生え具合に変調を来しているとの診断でした。アッカンベーをしているのではないのでお許しあれ。
   PC011797.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 10:51| Comment(0) | 日記

2018年11月30日

硬貨両替手数料問題では県農協の勝利!

   消費税の導入以来小銭の管理は皆さんどのようにしておられますか?私は50枚単位で紙で巻いて保管しておき、年末の一定の時期に逆両替(大きなお札に替えてもらう)を試みています。今日がその日でした。
   500円14枚・100円452枚・50円151枚・10円850枚・5円150枚・1円1000枚で計70000円となるので万札で7枚を想定して箸尾の南〇銀行にでかけました。ところが窓口で「あのう100枚を超える両替であれば手数料を頂戴しているのですが・・・・」とのたまう。やむなく10円と5円計1000枚のみの両替を依頼して648円を支払いました。私から「同じ1000枚でも1円玉1000枚で同様に648円を負担せよというのか」と質問すると「さようでございます」との回答。「あのね、1円玉1000枚で千円でしょ。その中から648円を負担したら352円しか戻らんではないか、理不尽である」と一喝。しかし、さすがに相手も心得たもので「銀行の規則でございましてこのお店だけでそのようにしているわけではないのですが」と回答。「客の相談に対して最も負担の少ない方法を提案するのが窓口の仕事ではないのか」と言葉を残し、近所の県農協へ。
   ここでも手数料は負担しなければならないので、100円450枚・50円150枚で計600枚で52500円の両替を依頼して324円を負担しました。「ところで両替に手数料を負担するのはどの金融機関でも同じようだけど、負担しなくてもよい方法はありませんか?」と質問。窓口の職員が少し奥にいたベテラン職員に問い合わせた返事が見事!「八尾さんは通帳をお持ちですので、硬貨を全ていったん預け入れいただけませんか。その日のうちに引き出すと両替と見間違うことになるので、恐れ入りますが翌日以降に本日預け入れの額をお引き出していただければ、組合は両替とは認識しませんので、手数料は全く要りません」
   細かな仕事の割には人件費がかかる両替作業ですが、こうして来年以降は県農協で預け入れと払い戻しをしていただこうかな、と考えています。本日は972円の両替費用を負担し、1円玉1000枚が残りました。年内に県農協に入金することにします。
   SKM_C224e18113019020_0001.jpg
posted by やつおのおっちゃん at 19:03| Comment(0) | 日記