2017年08月15日

今日は終戦記念日

    本当は敗戦記念日と言った方がふさわしいかもしれない。しかし隣国の韓国では光復節と呼ぶのだから、日本帝国主義が犯した犯罪がどのようなものであったか想像は容易です。しかし想像では外交はできない。事実を認め、反省し、謝罪し、二度とこのようなことが発生しないように何ができるかを真剣に協議する以外にありません。そうした行為を「自虐史観」などと攻撃する反動の動きも急ですが、この動きに負けてはならじ。
    先日の懇親会で、大阪から岡山に疎開したという方のお話を伺いました。親戚の家に頼み込んでの疎開であったらしいのですが、与えられたのが電気もない納屋であったとのこと。預かってもらえるだけ感謝しなければいけないとその方は言うのですが、人を人とも扱わなかったその親戚には特別の思いが残っているとのこと。戦争がなければ親戚のそのような残忍な扱いを告発する必要もなかっただけに、わたしも気持ちが沈みます。
    戦争中には産めよ増やせよと出産を奨励しながら、戦後の戦災孤児の問題など聞いてるだけで腹の立つ話です。為政者というものは権力は守るが国民は守らないというのが本質なのでしょう。
    終戦記念日の宣伝を、と思ったら雨が降り出したので根性なしの私は断念しました。明日は恒例の五位堂宣伝ですが、思い切って地域に宣伝にでかけようと考えています。
    王寺駅頭での訴えの様子です。
    P8151924.JPG    
posted by やつおのおっちゃん at 23:05| Comment(0) | 日記

2017年08月14日

酷暑の時間帯の草刈り

     女房が畑にしている土地の草刈りをしばらく怠っていたため、雑草がものすごいことになってきました。草刈り機の調子を整え、刈り刃を更新し、混合油を注いで草刈りタイムを設けました。
     これまでの経験上、先ず表面を大雑把に刈り込んで草を一か所に固めた上で再度細かな雑草も刈り取るようにしています。作業の途中には石ころを拾い集めるのが大事です。刈り刃が石ころの当たるとどうしても欠けることがあって作業効率がかえって落ちてしますからです。
     ご近所で庭木の剪定をしておられたので声をかけるとあれま。私が刈り取らなければならないエリアの草刈りを自らしておられることが判明。恐縮のいたりでした。ご近所にご迷惑をかけないように、できるだけ速やかに作業を進める予定です。
     90分経過したところで頭がガンガンしてきました。ははーんこれが熱中症の第一段階だな、と自覚して急いで帰宅しシャワーを浴び、クーラーの効いた部屋で小休止。大事には至りませんでした。
     草むらにはいろいろなものが捨てられていますが、これも草刈りが遅れたことと関係していると自戒しています。
     夜はこの間生活相談に応じている家族と今後の相談。生活に困窮している住民の生活に寄り添うのは議員の務めであり、全体の奉仕者たる町職員の任務です。実際の改善を抜本的に進めると同時に、こうした「放置されている住民」がたくさんおられるのではないかという視点で取り組みを強めたいと感じました。
     P7151228.JPG
     
posted by やつおのおっちゃん at 21:05| Comment(0) | 日記

2017年08月13日

詩吟の先生からコンダクターをお借りしました

    アカペラで吟ずることも多いのですが、多くは頭の部分は音程とリズムを定めるのにコンダクターを使用して指導を受けています。楽器と言えばハーモニカとスぺリオパイプしか使用経験がないので完全に素人ですが、「空いているので使え」と言っていただいたので少しづつ練習をしています。教室があれば先生の演奏も盗もうかと思っています。これで初見の吟をすらすら演奏できたら格好いいのですがそうも簡単には行きません。
    教室は2時間でほぼ6回から8回吟ずる順番が回ってきますが、大きな声を出すので良い運動になります。
    コンダクターはこれ。
    P8131304.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:27| Comment(0) | 日記

2017年08月12日

町内で初の”平和夏祭り”が開催されました

    山田議員の友人から企画が持ち込まれ、昨年は雨で中止でしたが、今年は天候に恵まれ、むしろ酷暑の中でしたがお祭りができました。私はテントの設営と撤去、お店ではかき氷の係をつとめました。
    今井議員は紙芝居をして、戦争はやめようと子どもたちや保護者に考えてもらったとのこと。来年もできるかな。
    P8121303.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 20:45| Comment(0) | 日記

2017年08月11日

北朝鮮がグアム周辺にICBMを打ち込んでもPAC3で迎撃するから大丈夫なんだって

     北朝鮮がグアム周辺にICBMを打ち込んでもPAC3で迎撃するから大丈夫なんだって

     北朝鮮が島根・広島・高知の名を挙げて上空をICBMを飛ばすというので話題になっています。日本政府はこれに対抗して1発5億円ともいわれるPAC3を配備して迎撃態勢に入るのだそうです。調べてみるとPAC3の迎撃方法は飛来する弾道に対してミサイルを直撃させて破壊するものです。つまり、炸薬によって爆発したりするのではなく、ミサイル本体を敵の弾道ミサイルに直撃させるという運動エネルギーによる迎撃方法です。PAC3は2007年から航空自衛隊の高射部隊に配備され始めました。高射部隊は主に地対空ミサイルの運用を担当する部隊です。高射部隊は6個高射群24個高射隊で構成されており、1個高射隊はPAC3発射基を2基、計16発を保有します。そして現在は3個高射群に配備されています。報道では中国四国地方には配備されておらず、空白地帯のために今回急遽配備を急いだとのこと。いい理由がついてきましたね。
     でも迎撃したどうなるって政府は考えないのでしょうか?他国の領土領海に侵入すれば国際法違反になるのは明白ですから、この立場で全世界に訴える必要があります。迎撃に対して北朝鮮がさらに対迎撃攻撃をかけることだって想定しておかなくてはなりません。
     話し合いで解決する以外にないのではないでしょうか。写真は防衛省のHPより。毎日こんなことを考えていたら、戦争することしか考えなくなるのでしょうね。危ない危ない。
     bmd_04[1].jpg
     
posted by やつおのおっちゃん at 21:40| Comment(0) | 日記