2017年12月16日

もちつきの準備と生活相談と議会準備と・・・・

    後援会で行う明日の餅つきの準備をしました。いくつかは明朝の準備になるけど何とか行けるかな。
    舞い込んできた生活相談はなかなか難しいのですが、関係者の話し合いがきちんとできるかどうかです。話し合って円満に解決するように提案することにします。
    18日月曜日が常任委員会ですので、議案の賛否や意見書の提案と賛否、請願に関する討論など準備しています。山田議員との打ち合わせも行います。
    9月議会の会議録を精読しています。いろいろなことが分かってきます。今回は各議員の持ち味を生かした一般質問に焦点をあてて、町の答弁が日本共産党議員団への答弁と比較して検討しています。具体的に詳細に質問することとなっているのですが、質問者と答弁者の思いが一致(見解は一致しなくても)する場合には一歩前進することが分かりますね。
    朝から気持ちの悪い番組を見てしまいました。とある芸能人の離婚が成立して女性が記者会見に応ずるというもの。個人的な事柄を、記者会見する側も取材する側も常軌を逸しているように感じます。我が家は夫婦円満(と私は思っているのですが・・・・)なので添い遂げるつもりですが、これだって個人的な情報であって、取材には馴染みません。
    yjimage[3].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 22:22| Comment(0) | 日記

2017年12月15日

忘年会の季節です

    銀行に出向くといつもより客が多い?と思ったら今日は年金支給日。銀行側でもプレゼントを用意して定期預金のおすすめや新たなサービスの提案をしていました。スーパーマーケットにおいても特価品を用意したりポイントをいつもより多めにしたりで、売り上げの確保に動いています。
    議会期間中ですが、詩吟教室の生徒と先生で忘年会が催され参加しました。今年の精進を確認しながら来年も元気に努めたいと決意を固めあいました。今年はいつになく忘年会が多い感じですが、暴飲暴食にならないように節度をもって臨みたいと思います。
    P6041003.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:40| Comment(0) | 日記

2017年12月14日

一般質問しました

    4項目にわたって、往復(質疑+答弁)60分の世界です。詳細は一般質問通告書や会議録で見ていただくのがよいのですが、質問に入る前に天皇制についてコメントしたくだりをあらまし紹介します。
    報道によれば再来年の4月30日に天皇陛下が退位され、翌日5月1日に新しい天皇陛下が即位されるとのことです。今上天皇陛下は、戦没者追悼式で”深い反省”を表明されるとともに、日本国憲法を守ると仰いましたが、新しい天皇陛下にもそのことをぜひ引き継いでいただきたいと感じています。また5月1日は労働者の祭典:メーデーです。私と山田議員は時間の許す限り奈良公園の集会に参加しそのあとデモ行進して労働者を激励する計画にしています。
    テレビ東京の人気番組に「池の水抜きます」というのがあり、1月2日放送分として桜井市箸墓古墳のお濠の水を抜く話がありましたのに、急に中止になったそうです。ここまでは事実でここからが私の仮説ですが、天皇陵の発掘を宮内庁がかたくなに拒否しているもとで、水を抜いて何かつじつまの合わないものが発見されたら困るという方もあるのではないかと言われています。
    これからいろいろな方々が天皇制についてコメントされるだろうと思います。日本共産党は日本国憲法を全面的に守る立場ですから新しい天皇が誕生することについても了解しており、しかしながら世襲制をとっていることについて、いずれ社会が成熟する中で何らかの解決を図る時期が来るだろうと見通していることをお知らせしておきたいと思います。
    こんな感じです。他会派の議員から「共産党も変わったなあ」と言われました。変わりましたか?
    写真は中央メーデーの様子です。
    hqdefault[3].jpg
    
posted by やつおのおっちゃん at 21:02| Comment(0) | 日記

2017年12月13日

議案審議が始まりました

  町長から提案された議案を一本ずつ常任委員会に付託するにあたり、本会議で1人1議案について2回まで質問ができます。但し、総務文教委員会に付託する場合には、総務文教委員にその権利はなく、厚生建設委員会に付託する場合には厚生建設委員にその権利がないという、わが議会独自のルールがあります。
  「人事院勧告が出たので町会議員の期末手当についても準じて適用したい」というので、年額2万円余りの議員報酬を増額させようとの議案については次の質疑を行いました。
  @人事院勧告は、労働基本権の一部を奪う代償として運用されている制度であるが、議員のどの権限が制限されているのか。もともと人事院勧告の対象外ではないのか A議会は2年前に、30分の1を減額することを自主的に決め実行しており、これを元に戻す話は全く出ていないのに、町長が議会の意見を聞きもしないで勝手にこのようなことをするべきではない。先日の特別職報酬審議会の委員発言でも県内では高い報酬となっていることを指摘する声が出ているのに矛盾している。
   担当部長の答弁は「特に定めがないが、従来の手法と近隣自治体の動向に倣ったもの」というもので、まったくやる気を感じさせないもので、根拠を上げることはできませんでした。総務文教委員会においてきちんとした検討をしてもらって結論を出すのがいいと思いますが・・・・今日日、議員報酬の引き上げなんて世論とはなじみませんよね。むしろ台風と総選挙が重なり、毎日あれだけ努力している職員の給与は、法令に従って人事院勧告全面実施でお願いしたいですね。
    昨日紹介した新人議員:谷原一安議員です。学ぶことの大きかった初諮問でまだ余韻が残ります。
    20768232_101931360535589_713099290105875637_n[1].jpg


    
posted by やつおのおっちゃん at 22:52| Comment(0) | 日記

2017年12月12日

堂々の初質問・・・葛城市議:谷原一安さん

   10月22日と言えば総選挙の投票日でしたが、奈良県では葛城市市議会議員選挙(定数は15名です)の投票日でもありました。8期32年つとめた白石栄一さんが勇退され、元高校教員の谷原一安さんが立候補し当選されたのでした。今日は初めての一般質問というので激励と学習を兼ねて傍聴に出かけ、5名の議員の一般質問を聴くことができました。
   質問と答弁の往復で60分というのがルールでしたが、予定した4本の質問のうち6割を前市長・副市長の不適切な行政運営に焦点をあて、監査委員からは背任もふくめ市長がきちんとした対応をとるべきであるとの結果も使って追及していました。その質問ぶりたるや、およそ新人議員にはあるまじき堂々としたもので、議場がさらに静寂になっていました。学校の先生らしく、凛としてはっきりした声での追及にはまいりましたね。
   驚いたことに、監査報告を住民監査請求人に手渡そうとしたときに、問題を起こした事業主が監査事務局に「抗議」に現れるという前代未聞の事態があり、市役所の中であらかじめ事業主に通報したのではないかと疑われる状況とのことです。事実の解明と再発防止、綱紀粛正に向かって大車輪の活躍を期待します。
   選挙の出発式で花束を受け取る谷原一安さんです。ブログも始めておられますよ。
   http://katuragi-tk.jugem.jp/
   21077490_1306105589497879_6657550991750016857_n[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 19:58| Comment(0) | 日記