2019年08月18日

教育研究集会2019に寄せて

   今月5日に町教育委員会臨時会が開催され、来年度から使用する教科書の選考を行ったこと、私も傍聴して感じたことなど書いていますが、その時の疑問に回答をもらえそうな集会が開催されています。標題の集会は学校の先生方だけではなく保護者・研究者など多彩なメンバーでこれまで継続されてきています。
   『ある女性教員は、筆箱の中身までこと細かに定めた学校の「100の決まり」があり、その決まりを口実にしたいじめがあり、いじめられる側の声を封じ込めている実態を紹介しました。自分の思いを言うことができない状況を題材にした道徳の授業で、言うことができない子どもの背景になにがあるのか問いかけると、子どもたちから「『身分』が高くていじめてくる人には言えない」との発言がありました。話し合う中で子どもたちは「身分が高い人というのは自分の言いたいことを言える人」「ルールを味方にできる人」というところまで考えを進めました。女性は、「教科書通りに答えを与えるのではなく、教科書には書かれていない自分たちのリアルを書きこみながら、『正解』を壊していくことが求められているのでは」と語りました。大東文化大の渡辺雅之教授は「(細かな校則のような)スタンダードは異質を認めず、排除することにつながる」と危険性を強調しました。』(2019年8月18日赤旗新聞より抜粋)
   ここで指摘する『正解』とは100の決まりに類するような学校が定めたルールであり、子どもたちの理解や共感から出発しているものではないのでしょう。民主的な人格の形成や学習過程の中でどのように位置づけられるのかなど、関係者で十分に議論を尽くす必要があるように思います。あおり運転で逮捕された容疑者の報道に接し、この人物がどのように教育を受けてきたのだろうかとふと考えてしまいました。
   P5160929.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:14| Comment(0) | 日記

2019年08月17日

自治体研究社版「土地開発公社が自治体を侵食する」を読む

  著者の浅野詠子氏は奈良新聞の記者さんだった方で現在はフリーランスのジャーナリストと紹介されています。「塩漬けの土地」などとあまり聞きなれない言葉があちこちで話題になったころの、自治体の土地買収に一石を投じた書籍です。
  広陵町では他の自治体で心配されるような「塩漬けの土地」もなく、公社の歴史的役割を終えたとして7年前に、町から議会に解散の提案を行い全会一致で可決したのに、今年の12月議会に再結成したいという話がでています。「状況に変化があった」などと常套句でごまかされないようにしなければなりません。議会のチェックが及ばないのが土地開発公社というしろもの。これから何をするのか確認する前に、再結成の目的が果たして住民の幸福につながるのかどうか、論理の一環性が保てるのかどうか、議会も試されていると考えます。
  ご近所で親しくしていた方が77歳で亡くなり通夜式に行ってきました。持論を展開されて私とは意見の異なる場合もまれにありましたが、いつもにこやかに応対していただきました。安らかにお眠りください。
  P6101057.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:14| Comment(0) | 日記

2019年08月16日

84円切手ができるんだって

   部屋の片づけで出てきたハガキの書き損じが数枚あったので郵便局に出かけました。5円の手数料は控除されるが切手やはがきと交換してくれるので「切手でお願いします。82円切手がいいかな?」と尋ねると局員さんは「10月から84円切手ができますが事前の販売は致さないことになっています。どうされますか?」と来ました。そうか消費税増税は予定通りや言うて、毎日TVや新聞でも「新しいレジいりまへんか」とやってますなあ。政府はもう増税やむなしで諦めさせようという腹なのでしょう。9月いっぱい消費税増税やめよの宣伝をしっかりやって「増税するなら大企業と大金持ちから取れ」キャンペーンをしようと思います。終戦記念日宣伝がこの台風でできなくなりましたから、その分もあわせてせなあきませんわ。
   一方で生活を見直し、無駄を省いて必要性の高い順に支出を考えることも準備したいと思います。21日は議会全員協議会を予定していますので9月議会の議案が出てきます。決算審査の担当は私ですからどんな分野で何を明確にするのか今から準備ですね。
   あおり運転の上に後続車を無理やり止めさせ暴行を働いた事件が話題になっています。的確な捜査により犯人の確保は当然ですが、マスコミが同じことを何度も放映して、本来明らかにしなければならない報道を控えることのないようにしてほしいものです。本日深夜0時から(正確には17日0時から)NHKが「ひろしま」を放映するので注目が集まっていますが、8月6日と9日の間のお昼の時間帯に放映してほしかったですね。官邸で結婚記者会見など個人的な問題にあれだけキャーキャーなど噴飯物ではないでしょうか。
   P8120012.JPG
   おっちゃん日記のアクセスが昨日36件ありました。いつもの倍の方に読んでいただきありがとうございます。引き続き毎日更新を継続します!(同音異字の誤り訂正しました)
posted by やつおのおっちゃん at 16:30| Comment(0) | 日記

2019年08月15日

日本では終戦記念日、韓国では光復節

  ロシアでは終戦記念日(戦勝記念日というのかな?)は9月2日で、千島列島に上陸したソビエト軍がこの日までに軍事占領したエリアを現在のロシアが管理しています。国家によって第二次世界大戦をどのように評価するのかはまちまちですが、我が国の場合、ポツダム宣言を受諾して敗北した事実があるわけですから、ポツダム宣言通りに事が進んだのかどうかチェックしておかなければなりません。外交交渉と条約により1875年に平和的に日本の領土となった千島列島に関して、北方領土返還奈良県民会議という半官半民の組織を奈良県の音頭で結成して4島返還を運動していたのに、最近は全くのしりすぼみで、歴史的正当性をきちんと主張せよと議会で質問したこともあります。
  一方、8月15日は韓国では光復節といい、36年間の日本帝国主義の植民地支配から脱却できるというので、建国記念日にも匹敵する記念の日となっています。
  大正13年生まれの父が亡くなって3年がたちました。私が小学校4年生の時に、小学校の教室正面に年表が掲示されてあり、明治以降日本は戦争ばかりしていたんだということを初めて認識した時のことです。1910年のところに「韓国併合」とあったので、韓国は確か朝鮮の事だが併合の意味が分からず、帰宅して父に質問したことがありました。彼の返事は「そりゃ朝鮮が日本の国になったということだじゃあ」というのがその返事であったと思いだします。日本の国になったという割には韓国から国会議員が選挙で選ばれたということはないのが事実なのですから、一体この36年間に日本帝国主義が何をしたのかを、その事実を真正面から受け止めることが大事だと思います。国と国との関係が1965年の日韓請求権協定で合意されても、個人の請求権は残るというのが当時の我が国政府の国会答弁であったことを踏まえると、今必要なのは、事実を認め、謝罪し、補償すること、そのことを通して善隣友好関係を構築することだと感じます。
   写真はシニアカーで近くに出かけていた晩年の父です。90歳です。
   P8041897.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 16:41| Comment(0) | 日記

2019年08月14日

台風10号接近中

  まことに大きな台風で雨量見込みも相当でいささか緊張しています。これだけゆっくりの台風であれば降雨量がずんずん増して河川の氾濫が心配です。先ほど議長に電話を入れると、町役場は対策本部を設置した由、議員には適宜情報提供するので、議員からの情報提供も頼みたいとのこと。堤防の決壊だけは避けたいところです。
  町内の河川はいずれも天井川で、水田に水が入らないようにあちこちの水門を閉めざるを得ませんので、上流から水田や住宅地に流れてきた水は川に抜けません。内水被害という災害が発生することになります。このブログで何度か紹介した「町が35億円かけて2万坪の土地を買収し、企業には30億円で売却する」(当初の説明)という箸尾準工業地帯のB地区はこうした内水被害の常襲地帯であり、そういう意味では相対的に付近の土地より価値の低い土地であることは明白でありましょう。付近には、県も応援して遊水池を整備する計画もありますので、住民本位の計画と執行になるのかどうか見極めたいと思います。
  写真は2年前(確か総選挙の投票日)に水田が完全に冠水した大字中の様子です。池のようですね。
  PA230065.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 15:05| Comment(0) | 日記