2014年02月13日

葛城川で堆積土砂撤去工事が始まりました

    昨年秋の台風で葛城川の水位が危険なところにまでアップしたのは記憶に新しいところです。高田川でもそれに近い状態になり付近の方が川の状況を見にきておられました。広陵町の共産党議員団から今井県議にも実態を詳しく伝えて県の対応をお願いしていましたが、このたび川床に堆積していた土砂の撤去工事が始まりました。相当の長さでこの工事が進められています。
    この問題は川上の状況が大きく変化(住宅開発が進み土の保水力低下が心配されている)しており、広陵町に限らず川下にも大きな影響がある問題です。遊水機能がある池の管理も重要なテーマになっていると思います。
    P2130301.JPG
    (ショベルカーで土砂をすきとると下からは護岸が登場しました。)
    P2130300.JPG
    (土砂撤去後の様子。これで少し安心ですね。)
   
posted by やつおのおっちゃん at 17:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: