2018年12月04日

労働基本権のない議員にも「人勧」は適用するのか?

   期末手当をアップする条例改定案が町長から提案されます。人勧=人事院勧告を議員にも準用するのだそうです。給与が上がるのだからよさそうに見えるのですが、労働基本権がもともとない議員において、道理のない提案であることに間違いはありません。昨年の12月議会でも同様の議論があり、ある議員などは「受け取りを拒否しないのか」などと変な「反論」がありましたっけ。
   結果がどうなるかは分かりませんが、もしアップされたら有効に使うことで住民に還元することになりますが、二元代表制の一方の側が町長を監視する役割があると言っておきながら、自分にそこまで甘いようではダメなのと違いますか。
   写真は研修中の私を自撮りしたもの。
   P7041674.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: