2019年01月11日

集団登校で小学校へ

   ちょうど時間が合ったので、今朝は集団登校の中に入れてもらって、小学校に行きました。呼びに行っても一緒に行かない(行けない)児童もいるとのことですが、待っていては遅刻するので出発すること。先頭は旗を持った上級生が歩き、最後尾も上級生が見守る体制になっていること。かつらぎの道という歩行者専用道路もお隣の丁目の児童は利用するが、車道と歩道にきちんと分かれている道なので歩道があれば歩道を優先して歩くこと、小学校横の信号のある交差点では、校長先生が毎日立哨を担当して、歩車分離方式の信号機にも機敏に対応していること、などがよく分かりました。
   「このまま6年生のクラスで授業を受けたい」と言ってみると「おっちゃんきいよ。連れてったろか。」との返事。でもこれはルール違反なので辞退しました。
   正門前で「おはよう」と声掛けするが多くは怪訝そうな表情。あまりなじみがない児童には不審者に見られたかもしれませんね。吉村校長先生にご挨拶すると、在来地と比較すると歩道整備が進んでいる真美ケ丘では安全対策はしやすいですね、とのことでした。毎日はできませんが、こうして地域の子どもたちと仲良くするのも楽しいものです。
   P1111965.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 15:59| Comment(0) | 日記