2019年01月02日

今年初の生活相談が飛び込む

  一人で住んでいた父がなくなり、子どもたちでいろいろ相談中の方から「廃棄するのは忍び難いので、座机を引き取って貰えるかたをご存じないか」との相談が入りました。現物を見せていただくことになりました。墓じまいも進んでいますが、人の住まない住宅を固定資産税が高騰するからというのでそのままにしておくわけには行かないと感じる方も増えているようです。不動産のことを最近は「負」動産と言う方もあり状況が大きく変化している様子がうかがわれます。有効活用できる方法がないかどうか、私の友人にも相談して解決をめざすことにしました。
  詩吟の先生が畑に出ているというのでお年賀にでかけました。気温が下がっているので藁であたためておかないといかんというので作業中です。「いつまでも家でゴロゴロしているわけにもいかん」とのこと。78歳の先生は間の日は忙しくしておられますので、正月ぐらいはお休みされたらよいのに・・・と思いますが、性分として動けるときは動きたいということでした。今年の活動方針やら教室の運営について相談。いつもは4月初旬の競吟大会が3月中旬に繰り上がる予定であることや、来年(今年ではない)の昇伝試験についても指導を受けましたので、教室だけでなく自宅や野原で練習時間を確保することにします。
  さあ、明日から全国の地方議員にならって活動再開です!
  P9120036.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 18:25| Comment(0) | 日記