2018年12月31日

軽トラ活躍の年

   農機具を運ぶ約束で女房殿に買ってもらった軽トラが活躍した年でした。軽といいながらこれで400q離れた富山に戻り家の片付けをして帰ってきました。70歳以上の高齢者が貼るワッペンを貼ってあり、高速道路も安定走行で走れます。さらに、近所の小さな荷物などは簡単に運ぶことができます。
   以前は議会に出かけるときは宣伝カーを利用しましたが、最近はひたすらこちらの方ばかりです。
   近くで見かけたらお気軽に声をかけて下さいね。
   新年もどうぞよろしくお願いいたします。
   SKMBT_C22017040320040.jpg
   
posted by やつおのおっちゃん at 15:36| Comment(0) | 日記

2018年12月30日

近所で戸建て住宅が3軒工事中

   都市計画法の地区計画が施行されているため、建物を建築しようとすれば事前に町に申請を行い、違反のない物件であることを確認する仕組みになっているのですが、3か月ほど前から3軒の戸建て住宅建設が進められほぼ完成に近づいてきているようです。「消費税の改定前にということではないか」と仰る方もありますが、これは当て推量の世界です。新たに転入してこられる皆さんとご近所付き合いもして仲良くしたいものですね。
  一方、戸建て住宅は既に建っているのに住まいされている方の姿が見えなかったり、売り出しの看板が出ている住宅もあれば、いつ工事が始まるのか把握のすべもない土地も多く、できればそう遅くない時期にすべての土地に戸建て住宅や兼用住宅が建設されるように期待しています。
   地価も下落傾向という方もあればいやいやそんなことはないという方もあって注目していますが、終の棲家と定めて定住生活を試みておられる皆様にはあまり関係のない話です。近隣の5自治会が協力して来年早々に「トンド焼き」を準備しておられます。在来地のように、ここで火をいただいて家に持ち帰ると無病息災で暮らせるという古くからの習慣はこの地域では不可能なのですが、飾り物やお習字を焼いてお祈りする習慣だけは変りません。今日は滋賀で一人暮らしをしている次男が帰省予定です。田原本駅まで迎えに来るようにということですが、さて何時になりましょうか。
   P9031369.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:06| Comment(0) | 日記

2018年12月29日

えらいこっちゃ、鍵がない!

    今日は私のことではありません。女房殿のことです。聞くと朝まであったはずの鍵が見当たらないとのこと。こういう時の私の定番は「あった時からどんな行動をしたのか思い出すこと(これが案外難しい)」もしくは「ここにはないはずだというところを探すこと」。でも結局出発時刻に間に合わず、私が管理するスペアキーで出かけて行ったのでした。ほどなく予定通りショートメールが・・・・。「そういえば○○にあるかもしれん」
    落ち着いて思い出すと分かるもので、人のことは言えませんが、加齢に伴ってこのようなことはよくあることなので、落ち込まないでほしいものです。3歳年上の私と言えば、あるところに用があって赴いたのに、別のことに焦点が変わり、結局何もできずに終わったことがおとといありましたっけ。
    今年は65歳となり、高齢者の一員としての自覚の下で生きようとしていますが、限られた時間と限られた体力の中で、庶民の感覚に適合した行動をできるだけ効率よく行動することに努力したいと思います。みなさんのこの一年はどんな一年でしたか。
    今日はガレージの掃除に取り組みました。ご近所でも同じような光景が。いよいよ年末です。
    P6161092.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 19:29| Comment(0) | 日記

2018年12月28日

11回分の一般質問と答弁集計が出来ました

   「前向きに検討します」「研究します」と答弁があったら「必要性は否定しないがやらない」ことで、「どうぞご理解ください」と答弁があったら「あなたの言い分は誤っており町の態度が正当です」と理解しなければなりません。議会というのは面白いものです、相手に騙されないように十分に気を付けなくてはなりません。
   関心のあるテーマ、得意の分野などに質問が集中するのはある程度やむを得ませんが、それなら議員提案で新たな条例を作ったり、既存の条例を改定することも検討されてしかるべきです。
   例えば、町営住宅の入居条件には「町内在住の2名の連帯保証人が必須」となっていますがこれを「国内在住の連帯保証人1名が必須」に改定する条例改定案を提案したらどうなるでしょうか。町長の判断でなく議員の判断が迫られ本気度が試されます。でも仮に可決されても町長が再議にかけると、議会は3分の2以上の多数で可決しなければ決定できない決まりになっています。ですから3分の2以上の議員が一致すれば何でもできる状態になるわけですが、そこで無理を押し通すと住民の批判が出ることも想定しなくてはなりません。財政的な裏付けが可能かどうかも大きく問われることになりますね。
   こんな問題意識で、平成28年6月議会から同30年12月議会までの11回の一般質問の分類分けを試みました。議会活性化委員会の活動の一環です。これにより面白いこともわかります。答弁で「検討します」と言い逃れを続けている質問もあれば、同一テーマで同一内容を繰り返し質問している議員もいます。回数を重ねればよいというわけでもありません。
    表紙はこんな感じです。70種類のテーマで309本の質問の集計です。
    PC281936.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 19:27| Comment(0) | 日記

2018年12月27日

「一日町長」議会が開催されました

   4人の一日町長が誕生し、本会議場で所信表明と簡単な質疑応答がありました。3年生から6年生まで、さすがに6年生はしっかりものを言っている感じがします。ずうっと住み続けたい町にしたい、平和に暮らしたい、清潔な町にしたい、意見が違ったらよく相談して解決したい(ここで八尾のおっちゃんの小さめの不規則発言=「その通り!」)とこんな感じでした。
   住民の中からアイデアを出してもらって開催になったとのこと。質疑応答の時間も設定され、議員からは質問も出て面白い議会になりました。将来、こうした経験を積んだ子どもたちが世の中を構成することになるので、貴重な経験になったものと感じます。
   写真は開会を宣言する議長と議会事務局長です。正規の議会ではないためカメラ撮影は規制されていません。正規の議会では議場へのカメラの持ち込みは禁止されています。
   PC271935.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 10:41| Comment(0) | 日記