2018年06月30日

自治体キャラバンの要望と回答の吟味

    月末は何かと忙しくなりますが、回答を受け取ってから十分な吟味をしたほうがよいと助言を受けていた自治体キャラバンについても研究する時間を確保しました。全部で110項目の要望を届け、町長からそれなりの回答があります。私と山田議員が事務局的な役割を果たしていることをとらえ、かれこれ5年ほど前から実行委員会の中に入れていただいて、町内の自主的な活動をしておられる団体と協力関係にあります。
    回答で最も長文なのがマイナンバーに関するところで、いかに有効な制度であるのかが得々と語られていますが、町職員の本音は「マイナンバーの記載されて書類は危ない」というもの。机の上に広げると情報漏洩の心配があるので、すみやかに専用封筒に入れて処理することになっているとのことでした。
    町職員の長時間労働が問題になっているときに、次々と複雑な仕組みを導入し、この結論は「住民監視の有効な手段」ということに恐らくなるのではないか。これではだめですね。
    さあ、何とか回答を読み込んでこれからの活動に生かしていきたいと思います。
    写真は友人の松尾治さんです。
    3412[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 20:01| Comment(0) | 日記

2018年06月29日

専門家の助言はありがたい

    それぞれの業界で業務に精通している方の助言はありがたいものです。生活相談で力を発揮しました。本人の努力を待ち改善が図られたらうれしいですね。
    yakusisou[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 21:30| Comment(0) | 日記

2018年06月28日

「若いだけではあきまへんな」

     元高校の先生から声がかかりました。教え子がとある市で議員当選し今度は市長選挙に出馬したが当選に至らずというお話でした。失政があまりないのに、年齢が事実上の争点になるような批判をしてかえって命取りになったようだというのがその分析です。
    先日もある町の町長選挙で、大学院に所属する子育て中の町会議員が立候補して当選、国内で最年少の町長になるとの報道がありました。どのような政策を掲げ、どのような争点であったのか存じませんが、取り上げ方が「若い・女性・子育て真っ最中」を視点に報道するのでどうしてもそれが争点のようになるのでしょう。
    生まれてから65年経過するので65歳に到達し、男として生まれ、これまでの経験と政策と知見を活かして、住みやすい町にするために多くの皆さんの声をお聴きする活動がどうしても必要になっていると感じます。
    今日は朝から訪問活動。暑かったけど収穫のある時間になりました。
    P7151234.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 21:51| Comment(0) | 日記

2018年06月27日

総務文教委員と教育委員会事務局との懇談

    不定期ですが議会の総務文教委員と教育委員との懇談会が開かれてきましたが、今回は教育委員会事務局との懇談となり取り上げるテーマにも少し変化があります。
    ブロック塀のこと、各学校に設置されたプールのこと、中学校の生徒指導に関すること、地域住民や学校以外の人々との関係に関することなどがテーマに出ましたが、特定の中学校の具体的な話題は取り上げるべきではないので、あくまで学校から支援要請がある場合に限定されることを指摘しておきました。
    私からは、英語教育の資格もないのに英語教育をやれと言っている文科省のでたらめさとともに、評価の基準が不鮮明で教育にならない道徳の教科化のことなどを話題にしてもらいました。
    2時間の懇談でしたが、さて議員の側の受け止め・教育委員会事務局の側の受け止めはどのようなものであったでしょうか。
    P6041003.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 16:46| Comment(0) | 日記

2018年06月26日

第3回議会活性化委員会を開きました

   委員から政策提言レポートを2本いただき、視察研修の提案もありました。議会事務局を強化してほしいというもっともな要望もあれば、現行の職員に協力してもらえる仕組みづくりも提起してみました。
   私からは議員報酬のありかた&政治倫理条例の意義と取り組み方についてレポートしました。21年前に議会主導で決定した政治倫理条例の政治倫理審査会について一回も選任された事実がなく、条例違反がまかり通っていたことが判明。私も議員として不明を恥じています。
   タブレット運用の件では議長からたっての相談があり、ペーパーレスを志向したことは間違っていないが、議案審査に影響が出ていることも事実であり、次回の活性化委員会で協議したうえ全員協議会で協議してはどうかということになりました。
   日本共産党議員団は当初から「すべて印刷して対応する」方針であり、その通り拙宅のコピー機でプリントして臨んでいますが、落ち着いて考えてみると、この印刷費用は誰が負担すべきものなのか疑問です。恐らく議会費で処理するのが最も適切ではないかと考えます。
   次回は7月24日10時より開催することとし、補助金団体適正化条例の運用と政務活動費のあり方・額について検討するため、それぞれ報告者を決めました。政務活動費は慎重に検討する必要があります。
   午後は奈良TVで今井県議の一般質問を視聴したのち、入善町議会産業教育委員会メンバーの研修受け入れのお手伝いをしました。実に住宅の1割が空き家になっており、これをどうするか大問題とのことです。
   写真は奥田企画部長の説明を聴く入善町議のみなさんです。大変お疲れ様でございました。
   P6261134.JPG   
posted by やつおのおっちゃん at 20:26| Comment(0) | 日記