2018年04月06日

政務活動費について考える

   議会活性化委員会の設置が3月議会で決定されました。議会の活性化とはどのようなことを指すのかが問題です。この特別委員会で議論するテーマの一つに政務活動費があります。議会を活性化するために政務活動費はどのように取り扱うのが妥当であるのかを議論することになります。単純に言えば、年間12万円で足りるのかどうかという問題になります。漏れ聞くところによると一切使用していない議員も複数おられるということで、どうやら痛くもない腹を触られたくないということのようです。しかし、本来の目的に照らして、議会活動を活性化するために大いに目的に照らして正当な使用方法を検討していただきたいものです。
   例えば、年間12万円の政務活動費が現在何に使用されているのか、この金額をたとえば年間24万円にして大いに政務活動を活発なものにして、議員提案や一般質問などに役立てるということが重要ではないかと感じます。けれども、議員に関わる費用は抑制してほしいとの意見にも留意して、例えば議員報酬を月額29万円から28万円に変更して、政務活動費は年間24万円にしたらどうなるのか、このようなことも検討してみる必要があると思います。
   4月中にスタートが切れるように準備を始めたいと感じますね。
   P2110500.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 22:09| Comment(0) | 日記