2018年03月31日

「未だに」か「今だに」か

   校正作業で悩ましいのがこの言葉。私の場合は、続き言葉として「〜でない」が来たら「未だに」を用い、肯定文が来たら「今だに」を使用するように心がけています。「起床は午前6時と決めているのに、目覚まし時計がないといまだにこの時刻に起きることができない。」のいまだには「未だに」を使用しますが、「起床は午前6時と決めているのに、加齢に伴ってどうしても寝覚めが早くなって、いまだに5時過ぎには起きてしまう」のいまだには「今だに」を使用するという具合。後者は今であってもなお〇〇な状況が続いているので「未然の未」を使用するのは不適切と考えているのですが、さてどうしたものでしょうか。
   抑制する意味の「おさえる」を誤って「押さえる」などと書くとなんのことやらよくわかりませんが、「抑える」と書くとすっきり理解できるので、カナ文字ばかりより適当に漢字を入れ込んだ方が読みやすいですね。
   というわけで、校正作業にいまだにこだわりがある自分としては、未だにでなく今であってもなお執着している自分を表現する場合には今だにって思っています。
   今日は年度の締め日。いろいろな意味で締めくくりの大事な一日です。
   PA241547.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 15:03| Comment(1) | 日記

2018年03月30日

再びタブレットのことについて

   ペーパーレス化の目標の下で、議会事務局が発行する資料が少しづつ少なくなってきています。この結果議案審議にどのような影響が出ているのかが問われます。
   今回の議会で、9年前の介護保険料改定否決事件のことが議会で話題になりましたので、当時のファイルを手元に置いて再読するとともに、どのような論点で否決に結びつけたのか注目されます。
   しかしながらタブレットであれば、町にとって不都合な場合には削除される可能性も否定できません。しっかりした討論をする際には、印刷物で目を通して審議するのがいいですね。
   P4140761.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 16:09| Comment(0) | 日記

2018年03月29日

温かい日になりましたね

     じっとしていると汗ばむような陽気でした。田んぼは荒起こしが進み田植えの準備が進んでいます。新学期の準備もぬかりなく行わなければなりません。
     P5030886.JPG
     
posted by やつおのおっちゃん at 21:49| Comment(0) | 日記

2018年03月28日

定例の水曜日五位堂駅前宣伝

    昨日の臨時議会で、介護保険料値上げなど関連3議案が再び否決されたことをお知らせしました。知り合いの男性から「よくやってくれた」と通りがかりの声がかかりました。よかったですよね。頼んでもいないのに年金から天引きされている方は「若いころから職人として働いてきたから自分は国民年金しかない。殺生な話やで、年金から天引きなんて」と話がでます。社会保障のためと称して消費税を創設したのに、介護保険への繰り入れがゼロと町が答弁したことを説明すると「話が違う。もっと宣伝してほしい。」と激励を受けました。
    9年前にも同様の事態が起こり、当時の平岡町長は1年間保険料を据え置き、介護サービスが本当にどの程度増加するのか見極めて、当初の値上げ額を6割カットしたことなども議員相互に話題になっています。
    タブレットに頼ることなく、当時の資料はペーパーで残していますので、検索もたやすくできるのも特徴ですね。議会の活性化と合わせ大きなテーマになったことが明白になりました。
    写真は今朝の五位堂駅前宣伝の様子です。
    P3280833.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 23:15| Comment(1) | 日記

2018年03月27日

臨時議会で再び介護保険料の値上げを否決

    3月22日標準額5200円を一気に500円引き上げて5700円にしようとする介護保険料の改定が賛成5反対8で否決されたことは既にこのブログでも明らかにしたところですが、町長が妥協案として5500円としたいと臨時議会が招集されました。地方自治法101条で招集は3日前が原則であるのに「緊急の場合にあたる」と勝手な言い分で当日の招集(!)となりました。めったにないことです。
    今後3年間のサービス予定量を少し低めに見直し、さらに介護予防の効果も計算して500円の値上げを300円にするなどまあ素早い対応であること。もともとこの3月末までの過去3年間の試算(見通し)で言えば4847円で済みそうであるとしており、5200円の徴収をしているのは、実に353円も高く料金を設定していることが明らかであるのに、さらに500円(300円)の値上げなど論理に一貫性がありません。議会は再び賛成5反対8で修正案を否決しました。町長はこうした議会の判断を尊重する義務があると思います。
    被保険者負担が22%から23%に上昇し、社会保障に使うと公約していた消費税は一円も繰り入れず、高めのサービス提供量を想定していること自体に問題があります。厚生委員会の報告を私が行ったため、反対意見を言えるのは同僚の山田議員となり、的確な討論で議場をリードしたことはよかったと感じます。
    さて町長はどのような対応に出るでしょうか。また介護保険料は改定せずに済むでしょうか、しばらく目が離せません。
    写真は家庭菜園で作業する女房殿です。
    P2250582.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 22:19| Comment(0) | 日記