2017年11月30日

近づく一周忌

    昨年12月23日に父が亡くなり、もうしばらくしたら一周忌を営む予定にしています。兄弟3名が顔を合わせる頻度も低くなるであろうから、また寺の住職への挨拶もできる機会は大切にしたいと感じます。
    そんなことを考えながら資料を整理していたら父が記した「私の思ひ出」なる文書が出てきました。1万字に満たない文書ですが、恐らく生まれて初めてで最後の長文であろうと推察しています。本人が70歳のころにしたためた自叙伝のような代物で、同じ事柄を繰り返し書いてみたり、意味の分からない文章が並んでいたことを思い出しています。
    ところで長男は私製のアルバムを作成して家のルーツを明らかにしようと努力し、三男は近所に住んで父の生活をサポートしていたのに、次男の私はほとんど貢献していないことにそれなりの自覚をしていたので、この文書を基礎に何かできるのではないか、と考えだしています。
    今日は初回なので構想はこのあたりにして、熟考したうえでよく整理してブログにアップしてみようと思います。何が出てくるのか楽しみにしていてください。
    SKMBT_C22017113020460.jpg
    
    
posted by やつおのおっちゃん at 21:06| Comment(0) | 日記

2017年11月29日

公共施設の縮減計画提出は地方自治の精神とは正反対の行為

    公共施設の縮減計画提出は地方自治の精神とは正反対の行為

    人口が減少するのと既存施設の老朽化進行・維持経費の負担を考慮するなら、近い将来公共施設を廃止を含めて検討せねば・・・・というので始まったのが公共施設の縮減計画。国はこの計画提出がなければ新たな起債を認めないぞと地方自治体に圧力をかけてきたというのが実態ではないか。これに呼応して地方自治体の側でも「起債が認められないということは一大事」とばかりに、慌てて国の方針に従って提出するという体たらくはいかんともしがたいものです。
    現状を把握して対応策を検討するのはよいが、町長をはじめ役場職員だけの問題にするのはよくありません。「みなさんとともにいい町づくり」を標榜するなら、これらの計画の中身を住民に周知して議論してもらう活動が不可欠ではないかと思います。
    今回の自治体キャラバンの要望書で、「小学校校区に一つ児童館を設置してほしい」というものがありました。小学生が学校に通うような自然な感覚で、親の帰宅時間まで過ごすことを行政が援助するという現代的な課題で私もなるほどと感心した要望です。
    どんな町にしたいのか、みんなでよく話し合うことを応援する町でありたいと感ずる瞬間です。
    写真は町内のコスモス風景です。
    PB140166.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 05:46| Comment(0) | 日記

2017年11月28日

ペーパーレスの功罪は・・・・どうする

    町長が議会に示す町議会議案をはじめとした様々な行政文書について、町長が町会議員ごとにタブレットを貸与するので印刷物では提供しないように改めたい、との提案があります。重量物を運搬するだけでも大変だからと賛同する議員がいるのは間違いないのですが、さてそれで心配はないのだろうか、と考えています。
    私流で言えば、届いた議案や資料を概観したうえで内容の把握に取り組むのが第一段階、賛否が明白なものと内容の精査によっては判断を変更しなければならないものに分別するのが第二段階、質疑応答・問題点の指摘・討論(賛成なのか反対なのか)の吟味が第三段階なのですから、およそ小さなタブレットですべてを対応することはほとんど困難というべきであって、まして附箋を打てないような状況では仕事になりません。よって、印刷物なしとなる来年3月議会以降については、届いた議案書をいったんすべて印刷する必要があると考えています。
    本日午後さわやかホールで開催された使い方講習では、カメラや動画の撮影方法も教示されたのですが、A4サイズの大画面で撮影するのも気恥ずかしく、これまで通りコンパクトカメラの使用を継続する予定。YAHOO 検索の使用はマイパソコンの予定なので、タブレットは使いません。恐らく改まる中身は「これまで印刷物を渡されていたが、これからはデータ送信するので各自で印刷してほしい」ということに限定されるのではないか、と感じます。よってこのことに伴う費用が発生しても、基本的には議会費で経理処理すべきものです。
    そもそも、印刷物で渡された議案書にどこまで真実が記されており、これを議員がどこまで読み込んでいるのかという根本問題をそのままにして、形態だけ変更しても意味がないのではないかというのが私の偽らざる意見なのですが、改善であることに間違いはなさそうなので、これには素直に従って議員活動の改善に役立てたいと考えます。
    毎日寒い日が続きますが昼は暖かったですね。写真は南郷田園地帯の朝もやです。
    PB280250.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 19:35| Comment(0) | 日記

2017年11月27日

「竹取公園周辺地区まちづくりワークショップ」に参加しました

   竹取公園をもっと利用しやすく楽しい公園にするために、町内の各階層のみなさんに集まってもらって提案を出し合う機会があるというので参加しました。応援に入っている谷内博史氏は、石川県能登島で活動している方で富山県出身というのでご挨拶すると、富山市有沢出身というのでびっくり。いきなり富山弁の挨拶に変更すると今度は向こうがびっくりという具合でした。
   今日は初回ということで、竹取公園のエエとこ、ここがもう一つというとこと一緒に提案をしてほしいというので、日頃住民各位から承っている要望や、先日の自治体キャラバンで要望した事項もあわせて提起しました。次はいつになるのか、追って案内があると思いますので、これはこれとして楽しみにしたいと思います。
   尚、谷内氏は最初の挨拶の中で「役所が一方的に決めたのでは町づくりはできません」と述べておられる。やっぱり!公共施設の縮減計画を、住民に知らせることなく第4次総合計画に盛り込むなどとんでもない話ということが、町が招いた専門家の口から語られるって、一体何なんでしょうね?
   PB270244.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 19:59| Comment(0) | 日記

2017年11月26日

関心のない人へのはたらきかけ

    いろんなことがきっかけで、いろんな人からの呼びかけで、いろんなことに関心を持つ・・・・・近畿で活動する人たちが集まって意見交流する機会に恵まれました。財政的な裏付けがないと活動を継続できないが、見通しはどうか、連絡や相談は頻繁に行われているのかなど、指摘はポイントを外しません。さすがです。
    交流会終了後見晴らしのよい展望台に上りました。日清戦争勝利で日本にもたらされた賠償金で整備された港湾施設や、外国からの大型艦船を横付けするための浚渫と護岸整備など説明を受けました。
    来年も交流の場を持とうと約束しました。夕食時に詩吟の披露を求められ吟じたところいたく喜んでいただいたのが何よりです。
    PB260232.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 20:27| Comment(0) | 日記