2017年10月31日

核兵器禁止条約に背を向ける日本政府と地方議員

   核兵器禁止条約に背を向ける日本政府と地方議員

   まずは赤旗新聞の紹介から・・・・
   『日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の木戸季市事務局長は30日、ノルウェーのオスロで12月10日に開かれるノーベル平和賞授賞式に田中熙巳(てるみ)代表委員(長崎で被爆)と藤森俊希事務局次長(広島で被爆)が出席することを発表しました。同賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)からの依頼にこたえたものです。11月には、和田征子事務局次長(長崎で被爆)がバチカン市国を訪問し、フランシスコ・ローマ法王と10日に面会することを明らかにしました。同国からの招待によるものです。また和田氏は、同国主催の国際会議「核のない世界と統合的軍縮への展望」(10-11日)に参加し発言します。核兵器廃絶を求める「ヒバクシャ国際署名」を、ローマ法王をはじめ会議参加者に訴える予定です』
核兵器禁止協定成立の意義がふつふつと伝わってきます。
    ところで、本日届いた広陵町議会発行の議会だよりでは、9月議会で日本共産党議員団が提案し、可決した「核兵器禁止条約に我が国も参加することを求める意見書」に関する賛成と反対それぞれの討論内容が紹介してあります。反対討論では「条約の理念はすばらしいが、実効性に乏しく時期尚早だ。米国の、核の抑止力の傘の下で安全保障政策が行われ、政策と矛盾した主張となる。」とのこと。内容にケチがつけられないのでそのことにはふれず、政府が対応していることに縛られた討論だと受け止めます。反対した2名の議員が、両親が教員であったり、もう一人はかつて役場職員として教育委員会にも配属されていたことなど考えると、一体何を学習し、子どもたちに何を学習させてきたのかと暗澹たる気持ちにさせられてしまった。
      昨日に続き写真は友人の松尾治さんです。
      7550[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 19:55| Comment(0) | 日記

2017年10月30日

探していた書籍にたどり着きました

     道徳の教科化を目前にして、杉原千畝のことを調べていたら、氏とはまったく正反対の役割を果たしたアドルフアイヒマンに行き当たり、アイヒマンの行動が当時のドイツでなぜ妨害なくできたかを知るうえでアンナハーレントという哲学者に尋ね当たりました。無関心ということに焦点を当てて論述しているところに関心があって、彼女の著作を調べ始めたところです。
     親しき古書店のおかみさんからも助言をいただいて、何とか発掘できそうなところまできました。探していた書籍が見つかったというのはこの上もない喜びですね。ぜひしっかり読んで、時には精読して、時には仲間と語り合いたいと考えています。
     写真は友人の松尾治さんです。
     7514[1].jpg
     
posted by やつおのおっちゃん at 21:42| Comment(0) | 日記

2017年10月29日

我々の運動論

     上段に構えたようなタイトルで申し訳ありません。強いて言えば地方議員の体の動かし方について、いろいろ思い返してみると、これまでは何かを成し遂げようとするときに多用してきたのが「なんとしても」でした。この意味合いは「通常=日常であれば至極当然に行うことであっても、掲げる課題に意義があり、われわれが力を注がないといけない状況であるので、日常の行動パターンを反故にしてでも・・・・」ぐらいの意味でしょう。最近は少し変化が現れ「わき目もふらずに・・・・・」が続いています。先の衆議院選挙の個人演説会で選対の訴えを私が行ったときには「迷うことなく・・・・」と提起して理解と共感を得るように努力・工夫したつもりです。
    言わんとするところはいずれも変わりがなく、普段からよく準備を怠りなく、ということに尽きます。
    今日は一日雨が降り予定の行動を順延さねばならない羽目に陥りましたが、友人が以前から依頼したいた会計処理を集中的に行い、半年間の基本的な処理を終えました。あちこちで凸凹あるので、これなどは典型的な日常作業にしないといけませんね。今度会ったらきちんと報告して対応を改めるように説得するようにしてみます。
    五條市で議会報告会があるというので出かけました。大谷龍雄市議です。古武士風の顔立ちになってきました。議会のご意見番の役割を果たしているそうです。元気です。
    PA290110.JPG
    
    
posted by やつおのおっちゃん at 22:12| Comment(0) | 日記

2017年10月28日

近づく文化祭

    11月3日はご存知文化の日。公民館や体育館などの社会教育施設を活用して、文化やスポーツに取り組んでいる団体・個人にとっては年に一度の発表と交流の日となり、多くの参加者でにぎわう日です。
    私は詩吟で、同僚の山田議員は日本舞踊を披露して住民のみなさんと親しく交歓の場を持つことを習わしにしていますので、今年もこの方針で臨む予定です。4日と5日は中央公民館駐車場の過半を使用してテント村が出現。吟詩会ではこんにゃくの販売を手掛けたいというので協力の呼びかけがありました。任意の実行委員会が組織され、模擬店や発表の機会を得て交流と年間の財政活動に生かしたいというのが目的ですね。
    中央公民館も建設後40年余りを経て、老朽化が進行し、先だっては町と議会にちょうど1万人の建て替え要望書が提出されたのに、議会では一部の議員が「請願ではなく要望であれば受け取ったことを報告したらよい、議論はしない。」と拒否する態度にでたのにびっくり。住民合意のないまま、公共施設の縮減計画なるものを町が早々と決め、住民に知らせないで議会の議案=第4次総合計画に盛り込んでこっそり決めたことがやはりまずかったのではないか。日本共産党議員団は町や議会が、住民に諮ることなく計画決めること自体が不当だとこの計画に反対していますが今になっても根拠のある反対であると確信を深めています。関係者がよく相談してよい方法を考えるのが住民自治というものです。
     そんなことを考えながら、発表する詩吟のけいこを今日もしたいと思います。
     FACEBOOKで東京新聞の佐藤正明氏の漫画が紹介されていました。よくできた風刺で笑ってしまいます。皆さんも味わって下さい。教えて下さった方に感謝!
     22780556_1490245861059211_8034873750479139363_n[1].jpg
     
posted by やつおのおっちゃん at 09:50| Comment(0) | 日記

2017年10月27日

会議録読んでます

    2日続けて同じテーマというのも芸のない話なのですが、議会事務局に問い合わせると7月議会の会議録ができているというので受け取りに行きました。大雑把にどのような議会であったのか、論戦の基調を確認して読み込んで行きます。批判が単なるケチ付けや批判のための批判とならないように、それなりに気を付けているつもりですが、第三者の目から見てどうか、となると、もう少し丁寧に、もう少し簡潔明瞭に、という部分も出てくるものです。
    12月議会までに40日ありますから、よく準備して臨みたいと思います。
    それにしても会議録で「同音異字」や他町からの転入者には意味不明の言葉が出てくるときは要注意ですね。今回は「つゆはり=津井張り」が登場。富山県のひとだったら「えざらい」と説明した方が分かりやすいですね。まったく同じ作業です。
    岡田先生の投稿から富士山の写真をお借りしました。
    22859970_1531840020241649_2528342882804866877_o[1].jpg
    
posted by やつおのおっちゃん at 17:05| Comment(0) | 日記