2016年08月31日

戦争法を国会で可決した9月がやってきます

    昨年の9月19日が憲法違反の戦争法(=安保関連法)を国会で可決した日です。南スーダンにPKO活動で派遣されている350名の自衛隊員が無事帰国できるのか、それとも駆け付け警護や後方支援などの任務によって事実上の戦闘行動に動員されるのかが大変心配されています。11月には新たな任務を付与されるのではないかとの見込みが報じられています。
    草の根で県内の平和活動を進めるためにどうしたらよいのか、今日は2時間みっちりと相談することができました。志を同じくする方々との会話も、また理想は異なっても当面する重要課題で一致点を見出すこともそれぞれに重要であり、日々の忙しさにひるむことなく、地道に活動を積み上げる姿勢が大事と再確認した次第。事務局の役割も再自覚して、事態を打開するために力を注ぎます。
    今朝は定例の五位堂駅頭宣伝。後援会の方の応援も得て今井県議と一緒に取り組みました。最近ビラを受け取る方に広がりがあり、毎週飽きずに共産党が何を言っているのか知っておくのもいいだろうという感覚の方がやんわりと増えてきたように思います。やっぱり継続は力ですね。
    NHK受信料裁判やNHKが放送法に照らして問題なきように公正中立に放送しているのかどうかが全国で話題になっています。情勢の変化にはマスコミの動きが大きな影響力を持つことも明白であるので、こうした取り組みも併せて宣伝組織活動を進めたいと思います。
    今井県議と一緒に、先日連れ合いを亡くした方を訪問しました。気丈にふるまっておられましたが、いろいろと日常的には発生しない諸手続きで翻弄されている様子もあります。でも、しっかりした家族の支えがあるので心配していません。今井県議と一緒に、必要に応じてお手伝いをすることを約束してきました。
    写真は百済寺公園。落ち着いた雰囲気の親しみやすい公園です。
    P8160786.JPG
    
posted by やつおのおっちゃん at 22:47| Comment(0) | 日記

2016年08月30日

議会運営委員会が開催されました

    9月6日から始まる9月議会に、提案される予定の議案の事前説明及び意見書の取り扱いについて協議しました。今年度は厚生建設委員長に就任したので、議会運営委員ではありませんが、すべて出席して内容を把握しておかなければなりません。
    9月議会は別名決算議会と呼ばれますが、選挙直後の決算審議でもあり、住民の皆さんからいただいた要望をできるだけ取り上げて要望を前進させるようにします。決算委員は山田議員ですので、サポート役に徹したいと思います。
    意見書は日本共産党議員団として1)年金積立金の安全かつ確実な運用を求める意見書(案)2)国民健康保険制度への財政支援の拡充を求める意見書(案)の2本を用意しいずれも常任委員会に付託して論議することになりました。柔軟ではあっても、原則をふまえた意見書になるように他の会派の議員とも協議をします。
    2)の国保に関する意見書の種は全国知事会の国への要望です。赤字だらけの国保を都道府県に押し付けようとする国の対応にしっかり物言う知事会がすばらしい資料を作成されています。
    SKMBT_C22016083020150.jpg
    
posted by やつおのおっちゃん at 20:45| Comment(0) | 日記

2016年08月29日

長雨の心配

    一か月に4個も台風がやってくるというので天候が落ち着きません。午前中から降り出した雨も台風がらみのようで、渇水も困りますが豪雨はもっと困ります。知り合いの農家の方からまだ分水が整備される前の水をめぐる争いについても一部教えてもらいましたが、深刻な問題になる前に解決をはかることが大事です。
    夜は危険なので見回りは手控えていますが、明日は早朝から河川の増水の様子を確認して、まさかのことが起きないようにつとめたいと思います。
    百済のヒマワリがきれいです。
    P8150784.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 22:46| Comment(0) | 日記

2016年08月28日

年金資金の損失は誰が責任をとるのか

   公的年金の積立金の2015年度の運用で5兆3098億円もの赤字を出したことを、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が正式発表しました。安倍晋三政権のもと、GPIFは14年秋から方針転換し、株運用を拡大してきました。その結果、株価の下落に直撃され大幅な運用損を出したものです。国民が支払う年金保険料などを原資とする積立金を、変動が著しい株運用につぎ込んだ責任は重大です。安倍政権は積立金の株運用拡大を積極的にすすめる方針です。老後の安心を保障する年金積立金を、より危険にさらすことは国民の願いに反します。
長期的に見れば利益が出ているから・・・・などと言い訳していますが、安全性よりの投機的な投資に重点を移したことが裏目に出ていることが明確になっているのに、この問題をこのまましておくなど到底許されないことです。
   年金の受給開始年齢を70歳からと言ってみたり、利益が出ていなんだから受給額で調整(年金額の減額)などと言ってみたりしていますが、いずれも安倍内閣の失政を国民に転嫁しようとしているのは明白です。年金資金は安心安全な運用方法が絶対的な要件ではないでしょうか。
   今日は午後から吟詩会の夏季練成会に出席しました。大きな声で吟ずるのは本当に気持ちがいいですね。終了後の懇親会では飲酒はせずに会員各位と交歓の場を持ちました。
   P8280924.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 21:43| Comment(0) | 日記

2016年08月27日

詩吟夏季練成会の吟題は”涼州詩”でいきます

    この時期に年に一回の練成会が開催されます。私は南スーダンに派遣された350名の自衛隊員に帰還命令が出されることなく11月には駆けつけ警護という戦闘行動に移るのではないかと懸念する気持ちを込めてこの吟題にしました。王翰(おうかん)の作です。

  葡萄の美酒夜光の杯 ぶどうのびしゅ やこうのさかずき
  飲まんと欲して琵琶馬上に催す のまんとほっして びわ ばじょうに もよおす
  酔うて沙場に臥す君笑う莫れ ようて しゃじょうにふす きみ わろうなかれ
  古来征戦幾人か回る こらいせいせん いくにんか かえる

  大意:月の光を受けて光る杯で、うまい葡萄酒を飲む
     飲もうとすると、馬の上で琵琶をかきならす者がいる
     酔っ払って砂漠に倒れてしまっても笑ってくれるな
     昔から、戦に行った者のうちどれだけ帰ってきただろうか。(私たちも明日もしれない身なのだ)
  雲海C.jpg
  


posted by やつおのおっちゃん at 21:03| Comment(0) | 日記