2016年07月31日

「トンデモ地方議員の問題」を読む

   ディスカヴァー携書が発行している標記の親書が目についたので購入して読んでいます。国会議員ではなく地方議員に焦点を当てて論じているところがミソで、冒頭地方議員を無理やり5グループに分類するところから始まっています。地方議員の「あなたはなぜ地方議員になったのですか」と尋ねると「地域住民のため」とほとんどの議員が回答するけれど、実は5グループに分類できるというもの。
   Aタイプ:特定組織・団体の代弁者 Bタイプ:自分のため Cタイプ:将来の自分のため Dタイプ「なんとなく」 Eタイプ:地域住民のため。
   私は政党公認の地方議員なので、著者によればAタイプに近いと評価される可能性が高いのですが、では政党というものはいったいなんであるのかの分析もなく、党利党略に近い理解なのではないかと逆に心配になります。記事の中ではあの号泣県議=元野々村兵庫県議のことが登場するのですが、では野々村県議以外の兵庫県議が政務活動費を何に使用し、どのように市民のために役立て、どのように決算して報告しているのかの分析もなく、およそ県会議員たるものあんな程度というのがマスコミを含めた評価にしているのではないか。ズバリ、日本共産党の兵庫県議団の政務活動費がどのように使用されているのかきちんと紹介すれば、「なんだまともに活動している政党も現にあるではないか」ということになるのに、あえてマスコミはこうした努力をしないという意味で極めて政治的に対応していることがよくわかりますね。
    広陵町でも、そろそろ政務活動費を議会HPにすべてアップして住民の閲覧に供するようにすべきではないのか、と考えたりしています。条例を掲載してみます。
    広陵町議会政務活動費の交付に関する条例.docx
    五位堂駅頭宣伝の様子です。
    P5110315.JPG
    
    
posted by やつおのおっちゃん at 05:00| Comment(0) | 日記

2016年07月30日

校区の防災訓練に参加しました

    299世帯844名というのが私が住んでいる地区の人口です。本日13時から予定通り防災訓練が実行され参加しました。暑さまっさかりの中ですので高齢者には参加しにくかったかもしれませんが、58名の参加で、防災倉庫の機材点検や連絡網の整備に取り組みました。
    その後真美ケ丘中学校に会場変更し、AED訓練、炊き出し訓練、3階に逃げ遅れた中学生をはしご車で避難させる訓練などがあり、町長からもまさかの時に備えようと呼びかけがありました。
    最も重要なことは、地域の掃除にしても夏祭りにしても、ご近所付き合いをそれなりに位置づけて、どのような方々が近所に住んでおられるのか日頃から把握しておき、いざとなったらその安否を確認することではないでしょうか。訓練だけまじめにやってもらちがあかないと感じます。
    奈良テレビ放送がやってきて、当地区を取材したいというので、たまたま私がインタビューに答える羽目になりました。8月5日夕ドキに登場しますのでお時間あればどうぞご覧ください。志位和夫日本共産党創立94周年講演の寸前の時間帯になります。
    消防署員のお話です。
    P7300733.JPG
    逃げ遅れた中学生の救助です。
    P7300738.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 19:01| Comment(0) | 日記

2016年07月29日

広陵・香芝中学校共同給食センター条例を採択

    6月17日の採決を予定していた標記の条例(及びごみ処理費用に関する条例改定)が継続審査となっていましたが、去る25日の常任委員会審議で結論をまとめ、本日の本会議(臨時会)で採択されました。9月5日の稼働開始に道筋が示されました。
    日本共産党議員団は、各学校での調理方式(自校方式)を一貫して主張し山村町長も当初はこの方針で進めると言っていたのに態度を豹変させる事態になっていました。私たちは、保護者のみなさんから要望の強かった地産地消・適温での提供・食育重視・アレルギー対応などで発言していましたが、このたびの提案は、町長と市長の合意をもとに誰も要望していない香芝市との共同給食センターというものでしたので反対を表明しました。ごみ処理費用に関する件は実費を算出してこの給食センターから出るごみ処理の単価を定めるもので特に問題なしと判断しました。3367筆の自校調理方式を求める請願書名を議会に紹介した議員として、ぶれることなく、最後までこの主張を貫くことができたのは幸いでした。    
    さらに、本日の議会には30年で1億円と試算された土地の賃借料について、これを無償とする(つまり使用貸借)議案も提案されました。広陵町の側は無償とするとしながら、一方の香芝市側ではこのことに対応した条例改定がなく、均衡を欠いた進め方であることや、香芝市長が香芝市議会に対して、今度の給食センターの問題と包括連携協定は無関係と答弁して市議会もこれを了解している事実を指摘し、広陵町議会の認識とはまるで内容が異なることを指摘してこの無償化案に反対するとともに、香芝市側の対応がまともでないなら現金にて請求してほしいと求めました。関係者はもっと町民の当然の権利や財産の確保に執着すべきところではないでしょうか。
    8月23日には荒井県知事を迎えて竣工式を予定しているとのこと。この施設が順調に稼働を始めるとともに、保護者や関係者の強い要望が少しでも実現できるように、議員団として継続して努力していく決意です。
    今日も暑かったですね。
    P1260974.JPG

posted by やつおのおっちゃん at 20:04| Comment(0) | 日記

2016年07月28日

詩吟の稽古

   奈良県の詩吟流派が一堂に会して、創立60周年をお祝いする企画が明らかにされ、わが関心流では4グループ150人がそれぞれ合吟をすることになっています。3時間みっちり腹の底から大きな声を出すと、爽快ですが呼吸が乱れる寸前になりますね。講師の先生は平気で吟詠されますので、やはり訓練の差というものが如実に出るものですね。
   明日は臨時議会を予定しています。香芝市から本来入金されなければならない30年で1億円という賃借料相当額を無料にしたいので議会決議が必要というのですが、これって随分あんまりな議案だと思いませんか。詳細は明日のブログで紹介します。
   田んぼの様子も変わってきました。
   P7281865.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 21:03| Comment(0) | 日記

2016年07月27日

シルバー人材センターの仕事

   最近人の住まなくなった住宅を解体撤去した方があり、更地に新しい住宅を建てようかと計画していたが、雑草が生い茂り困っているとの相談を受けました。早速シルバー人材センターに草刈りの仕事について照会すると1)現地に赴いて見積もり作成する仕組みに変更しており坪単価の明示は行わない、2)坂道と平たん部の違いや砂地と石ころだらけの土地でも単価が異なる、3)刈り取った草を誰が始末するのかも計算に影響する、などの返事があり「では見積もりから工事までどれほどの期間が必要ですか?」と質問すると「今立て込んでおり50日程度は待ってもらうことになりますねえ」との回答でした。のんびりした回答に、これでは住民の期待に応えられないのではないかと心配しています。
   本人は何とか別の手立てを考えたいとのことですが、こんなことで果たしていいのでしょうか?
   今朝は五位堂駅前の宣伝です。今井県議や香芝中井市議・後援会のみなさんと一緒でした。
   P7270729.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 22:41| Comment(0) | 日記