2015年12月31日

あと18時間で新年ですね

   昨日に続き今日も早朝ブログに挑戦。いろいろなことをつぶやいた1年でしたが、ブログをそのままFBに「本日の投稿です」とアップするようにしてから幸いに交流していただける方が増えているように思います。郷土の皆さんとのやりとりも勉強になります。各位の”友達”の人数も気をとめていますが、私の”友達”には5千名を突破している方が2人もありびっくりしますね。やっぱり何か違うんだな。来年はそこを会得するように取り組みたいと思います。
   昨日、生活相談が持ち込まれた方のご自宅を訪問しました。町の制度で活用できそうなところを紹介しましたので改善の見込みが立ちますが、生活全般を見直して、社会生活を円満に送れるように、何か一つでも改善してほしいと申し上げました。町の職員も地域に出かけ庶民の暮らしを実感する機会が増えれば働き方も変わってくるかもしれませんね。そんな期待を持っています。
   しめくくりの写真は、12月17日のひづめ弘子さんのFBから借用した立山連峰。子どものときは普段の風景ですが、懐かしいですね。今日は父ちゃんに電話でもしようかな。
   12294725_511276095720621_8676930780719801023_n[1].jpg
      
posted by やつおのおっちゃん at 06:15| Comment(0) | 日記

2015年12月30日

戦争法の廃止を求める2000万人署名

   戦後70年一度も戦争をしないという近代史では稀有な存在というのが日本の歴史と言われています。”戦後”がずうっと続いてほしい、そんな思いが詰まった今度の署名活動は来年の憲法記念日までに全国で2000万人の目標で全国各地で取り組まれています。”戦争法”というタイトルに反発する人や「国の備えは万全に」との思いで拒否する人など頼みに行ってすべて署名いただけるわけでもありませんが、”憲法守れの一点”で町の声を結集しようとする取り組みは人々の共感を呼び起こし一筆、一筆と増えてきています。
   ご近所にお願いしていた署名用紙に5名の名前が埋まって投函されていました。ありがたいことです。どのような思いで協力いただけたのか、折にふれて懇談したいなと思います。初めて伺ったお宅ではとまどいも見せながら、広陵民報で議会の様子をお知らせしている効果で「あなたが八尾議員ですか?」と喜んでいただきました。戦前の日本であればこのような活動は出来なかったろうけれど、この法律をそのままにすればこのような活動ができるかどうかの保障はありません。頑張りどころです。
   自民党の有志で近現代史の学習会を始められるとのこと。学習は大事ですが、この時期に何をテーマにどう学ぶのか個人的に注目しています。今度の慰安婦問題に関する日韓合意はどのように評価するのか、合意文書が存在しない合意であって、当事者の元慰安婦の意見が反映されていない合意ということが次第に明らかになってきていますが、歴史の真実に向き合うとは言うは易く行うは難しということを自覚できればその学習会は値打ちがあるようにも思います。
   年明けからご近所の婦人たちが学び舎発行の中学生向け歴史教科書で学習会を始められるとのこと。こうした動きをあちこちで応援していきたいものです。
   image[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 05:33| Comment(0) | 日記

2015年12月29日

やっぱり寂しい一人暮らし

   地域を歩くといろんな発見があって面白いものです。畑で立ち話をしている男性にご挨拶しようとすると「八尾さんかい。ええとこ来てくれた、今年は大根が育って育って食べ切れん。こんだけ暖冬も考えもんや。協力してくれ。」ということになり、大根・人参・白菜とどっさりいただきました。暫く野菜は買わんでもええような感じです。八百屋さんは値段が下がって売りやすいのですが、重量が一気に増して腰痛の心配が出ますね。コープで仕事をしていた時によくこういう事例に対応したものです。
   知人からの生活相談も入ります。私よりもっと力のある相手が近くにおられるので、事情を説明して受けていただきました。こういう場合もありますね。
   夕方に「咳が止まらない」とのSOSがありました。あいにく一般の医院・病院は年末年始の休業に入っていますので、消防署に電話を入れ医療機関の紹介を受け、受診できるかどうかの事前電話確認をとってから出かけました、丁寧な対応に感心した次第。高田市の休日診療センターを紹介されたので一緒に出掛けましたが結果はこの年末年始は休養を十分にとりおとなしく静養する必要があること、服薬を指示通りに行うことなど指導された様子ですのでサポートしたいと思います。
   年末にしかできないこともたくさん抱えていますので気を抜かないで最後まで頑張りたいと思います。
   3412[1].jpg
    気持ちを落ち着かせるには富士山が一番かな?
   
posted by やつおのおっちゃん at 20:39| Comment(0) | 日記

2015年12月28日

デジタルレントゲンの時代

   朝歯磨きをしたのに黒ゴマが歯と歯の間にこびりついているのを発見。歯間ブラシでいじってみるとゴマではなくてどうやら虫歯のようだということが分かりました。かかりつけの歯医者に電話を入れました。「今日が年内最終なので急いできてください」とのことでいつもの歯医者さんに駆け込みました。
   この虫歯はごく初期のものらしく、軽く削って穴埋めをすれば完了。あっという間でしたね。「ここ1年間歯を診てもらっていないのでチェックしてほしい」とお願いすると「ではレントゲン撮影しましょう」との返事。何やら見慣れない機械に頭をいれてあごと歯を固定して機械が1回転すると撮影完了。30秒後に医師が私のレントゲン写真を見て「ここは弱ってますね、ここは磨きにくい場所なので歯間ブラシの利用を」など助言してくれて年明けに治療を始めることに。虫歯は放置すれば確実に進行するので、前向きに受け止めて自分の体の手入れのつもりで取り組んでみようと思います。
   従来であれば「1週間後にもう一度お出で下さい、レントゲン写真ができていますので検討して治療方針を考えましょう」となるのですが、まあスピーディなこと。この撮影機も高価なものでしょうが、医師が患者と一緒に写真を見て治療方針を相談するなど従来では考えられなかったことが実現できています。
   あちらこちらに歯医者さんが開設されて競争も激しいようですが、私は浮気しないでこれまで通りの歯医者さんに診てもらいたいと思います。カルテで治療の歴史も分かりやすいのではないかと思います。
   写真はデジタルレントゲンのカタログから・・・・・。
   p_product-idx1[1].jpg
   
posted by やつおのおっちゃん at 19:49| Comment(0) | 日記

2015年12月27日

近鉄五位堂駅前のロータリーはどうなる?

   いささかショッキングなテーマですが、雨天時の朝7時から8時頃まで、家族を駅に送り届けるマイカーで接触寸前の事態になることがしょっちゅうです。実際に何度か事故を見ていますので何とかできないかと考えています。駅の利用者懇談会などがあれば議論もできますが、現状は人口増加と利用者増加で奈良交通バスやタクシーの走行も難しくなってきているように思います。降車スペースの確保があればどうなるのか、誰が設置者となるのか、恐らく全国の駅前で困っていることなので研究してみます。
   5年前に、私に生活相談を持ち込まれた方を思い切って訪問しました。経営している会社が突然の困難に陥り、毎日必死の取り組みで何とかしのいだという壮絶な”たたかい”を教えていただきました。少し遅れたが町への納税も済ませ今は落ち着いているとのことですが、苦労した分余計に、汚職で逮捕された人物が議員になっていることや、住民の声をもっとつかむ努力を議員はすべきではないのか等極めてまっとうなご意見をいただきかえって確信が深まりました。相談相手の行動は特に関心を持って見ておられたとのことです。私もこのような方を頼りに住みやすい街づくりに努力したいと思います。
   12月16日午前8時30分ごろの近鉄五位堂駅。少し落ち着いてくる時刻です。
   PC160805.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 20:29| Comment(0) | 日記