2015年11月30日

議会運営委員会に出席しました

   12月議会に提案される議案の説明を受け取り扱いを協議する議会運営委員会が開催され出席しました。本会議場が耐震工事で使用できなくなっていましたが初日(12月3日)には使用可能となるようです。受けた説明の概略は早速同僚議員に伝えておく必要があり、よく読み込んで問題がないかどうかよく二人で研究しなければなりません。日頃の研鑽の度合いが問われるし、収集している資料で解読できないかも大事な点です。
   意見書では軽減税率を求める意見書案が出され常任委員会で論議することになりましたが、低所得者への逆進性の緩和を求めるならば消費税率アップをやめれば済むことでさほど難しいことではありません。
   共産党議員団は、1)安保法制廃止を求める意見書(=2000万人署名と文面は酷似) 2)子ども医療費無料化を求めていますが、治療は有料でいったん窓口で支払い後から還付されるのですが、窓口負担をゼロにした時のペナルティー廃止を求める意見書であり、他の議員にも賛同を呼びかける予定です。
   写真は日曜日に撮影された奈良民報用の揃いに写真です。
   _B295013.JPG

   
posted by やつおのおっちゃん at 22:27| Comment(0) | 日記

2015年11月29日

白票は有効か無効か?

    投票用紙に何も書かないと白票と呼ばれていますが、判断できず誰に入れたらよいのか分からない時にはこうしたことがよく発生します。本日お会いしたある方から「白票を無効とするのはおかしいのではないか。」と指摘をいただきました。棄権と白票を比較すれば、棄権は文字通り投票の権利を放棄することですが、白票は行使しているので有効としたうえで、候補者集計には加えられないとすべきなのではないかとの指摘です。
   「誰もいない」と投票用紙に記入すると他事記載と言って検討の余地なく無効票になりますね。開票事務の立会人を務めることもあるので仕組みは理解していたのですが、こうして落ち着いて考えてみると、最終的に誰に投票するのが自分の生活にとって一番よいのか、それとも、よりましな候補者に当選してもらうのがよいのか考えてしまいます。せめて組織協定や政策協定があれよかったのですが。
    写真は総務省発行の手引きから。
    illust_s_15[1].gif
    
   
posted by やつおのおっちゃん at 17:16| Comment(0) | 日記

2015年11月28日

ビルの街にガオー!鉄人28号と再会

   神戸に私用で出かけました。せっかくの機会なので新長田まで足を伸ばし鉄人28号と再会しました。私と似たような年齢の男性であればおおよそファンの方も多いのではないか。鉄腕アトムが人間の心を持ったロボットであるのに対し鉄人28号は正太君が操作するリモコンが勝負。これを悪者に取られると鉄人28号も悪事を働くことになるという関係。実社会では鉄人の方がリアリティーがあります。
   長田は阪神淡路大震災で大きな被害を受けた地域。地域の商工会の皆さんが町おこしのシンボルとしてこの大きな鉄人を設置したとのこと。私も思わずポーズを真似てヨシッ!
   PB280730.JPG
   PB280732.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 21:49| Comment(0) | 日記

サワコの朝に野村忠宏さんが登場

   柔道家でオリンピック3連覇を遂げた野村忠宏さんが登場するというので視聴しました。体が小さく、最初はあまり期待されなかったが、ひょんなことから本人の心構えが変わって練習に打ち込み大成した郷土のスポーツマンです。育成された道場は拙宅から車で5分ぐらいのところにあります。
   おやっと思ったのが、「投げに強いのでなく相手の投げを受けないような柔らかな身のこなし方」です。相手の攻撃に真正面からぶつかるやり方もあるが、これを回避して自らの技をかけるのはなかなかできるものではありません。日頃の鍛錬のたまものと言うところでしょうか。
   学校体育の場合は特別活動というれっきとした教育の一環であり勝利至上主義はなじみませんが、どうも環境はそうではなく「勝つための努力、勝つための練習」に執着している場合もあり、双方の関係をどうするのか考えるところがあります。
   我が家の長男は中学校でサッカー部のゴールキーパーを務め、県中学校サッカー大会でベスト8にまで進んだようですが、敗北したら「けじめをつける」と称して丸刈りになることを約束していたのだそうで、実際に丸刈りをした事実があります。高校でも同じくサッカー部に所属したのですが、試合に敗北すると顧問教師が丸刈りするという場面に出会った記憶があります。オリンピックと学校体育を同列に論じるのは無理がありますが、本人が自覚的に構えをつくり自ら定めた目標に向かって自律して目標達成に努力するということに価値があるのだと理解しています。今朝は大胆にも、野村忠宏さんと自分を比較してしまいましたが、この番組はいろいろと考えさせられることがあり面白いと思いました。
   PB280725.JPG
   
posted by やつおのおっちゃん at 08:42| Comment(0) | 日記

2015年11月27日

どのようにしてゴミを減量するのか

   クリーンセンターの稼働期限があと7年足らずとなり、そのあとの処理方式をどうするのかが問われます。町長は県知事が呼びかけた天理市での共同ゴミ処理センターに広陵町も加入したいので議会の了解を取り付けたいと、一部事務組合規約を今度の12月議会の議案として提出してきました。
   ところでこの施設設置の目標に「分別・リサイクル・減量」という目標が設定されているのに、議案にはこれらを取り組む方針がありません。結果だけ示して具体的手立てがないのはただの願望にすぎません。
   たとえば、現在有料のゴミ袋ですが、世帯人数に応じて1年分を無料で住民に配布し、その運用で一年間を過ごすように取り組んで欲しいと要請するのはどうでしょうか。自治会単位での研修会を無数に開いて、そこには町職員が徹底的に入り込んで、住民の協力が得られるように一緒に取り組むというのもいいですね。
   規約に対する賛否は、各自治体が置かれている現状や期限などに制約されますので悩ましいところですが、周辺住民のみなさんの意向も確認して(心配の声が出ていることを知っています)判断せざるを得ません。一番難しい判断かもしれません。写真はゴミカレンダー。
   27Pink001[1].jpg
   
   
posted by やつおのおっちゃん at 21:55| Comment(0) | 日記