2019年12月15日

今年もあと半月になりました

  20日が12月議会の最終日です。明日は一般質問の3日目、これで9回連続全員が一般質問に立ったことになります。内容はともかく、住民の声を届けようとする姿は、どの会派であれ貴重です。
  年内にやり切る課題を整理して、繰り延べすることにないようにしたいと思います。今日は県下の議員各位にお会いして意見交換できたのがよかった!
  PB300669.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:04| Comment(0) | 日記

2019年12月14日

中国共産党も日本共産党も同じ共産党って名乗っているけど・・・・・

  今朝の赤旗日刊紙に、香港デモの記事があり、11月14日志位和夫委員長の「香港での弾圧の即時中止を求める」声明が注目されていることが報じられています。「本来なら、政府自民党がやるべきことだった。それが野党のしかも共産党に役を奪われてしまったのである」と紹介しているウェブマガジンがあるようですね。
  自由と民主を標榜して自由民主党と命名された政党名でも、実際の活動ではそうはなっていないことがあるのと同様に「共に幸せを産み出す党」と名乗ってもそうではない共産党もいるのだと自覚して我々もこの国で対処しないといけない場合があると思います。
  だけどね、今更「日本愛国者党」なんて変な名前つけても「前は共産党って名乗ってたよ」と言われるのがオチではないかと思います。”日本で共に幸せを産み出す党”だから日本共産党でいいと思います。
  201701-pos-chikara[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 22:09| Comment(0) | 日記

2019年12月13日

「年金引き下げやめよ」宣伝しました

   9月議会に、意見書「若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書」案を提案したのですが賛成少数で否決されました。今日は2か月に1度の支給日。銀行・農協・郵便局前で、年金受給者の皆さんに意見書案をお渡しして町議会の刷新を訴えました。「消費税は引き上げ、年金は引き下げでは踏んだり蹴ったりだ」と訴えながらビラをお渡しするとほとんどの方が受け取っていただきました。
   自公政権は住民の声を聞け!と言いたい。
   ビラの裏面に年金者組合のビラを貼り付けました。
   年金者組合ビラ.jpg
posted by やつおのおっちゃん at 22:26| Comment(0) | 日記

2019年12月12日

赤旗新聞に投稿して図書カードもらいました

  11月30日付の日刊紙で「私の手帳活用術」に投稿が掲載され、本日赤旗読者係から図書カードが届きました。何か得した気分。今度書店に行ったときに早速活用したいと思います。以前に読者の広場には、広陵町議会で会議規則に違反して決議してもいない意見書を、決定したことにして国に送付するなどという事件が発生したため、投稿したことがありましたが、それ以来ですね。読者の記事がたくさん集まって庶民感覚に合った編修方針を是非堅持してほしいと期待しています。
  今日は一般質問の二日目。質問終了後議員控室で質問を終えた議員がほっとしたのかこんな一言。「八尾議員が国保の均等割りを問題にしてましたが本当に国保は高いですね」少しづつこうした認識が広まっていることを感じます。
  明日は大切な交渉を行う予定です。今準備中です。
  PC120373.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:36| Comment(0) | 日記

2019年12月11日

「部長はつらいよ」って声が聞こえてきそう

   11月29日のこのブログで、子どもが二人いたら76万円の所得税の扶養控除が受けられるのに、国保税では52200円の増税(均等割り26100×2)になることを取り上げ、担当部局がどんな気持ちで課税しているのか質問することを予告していました。本日がその質問日。でも担当部長の答弁は「矛盾は感じません」というものでした。10年前の私なら頭から湯気を上げて怒鳴るところですが「残念ですね、理解いただけないのは」と返したところ、心配した町長が助け舟(のつもり)を出しました。曰く「子どもに国保税を負担させているのではない」とのこと。なあんだ、町長だって扶養家族の国保税は親が負担していることを認めているのだから、両制度には矛盾があるし一貫性がないことは明白だと確認したようなもの。部長を助けるどころか反対に本当のことを認めてしまったというのが本日の質疑と町長答弁でした。
  「矛盾は感じません」と答弁した部長さんはよくわかっているけれど、もし八尾議員に「矛盾を感じます」などと本当のことを言ってしまったら「では解決の道すじはどうつけるのか」とさらに突っ込まれれる危険が出てくるので「矛盾は感じません」と答弁せざるを得なかったのではないか、というのが私の推測です。
  面従腹背という言葉がありますが、こんなところで真実を明らかにできないなんてつらいことだな、と感じます。読者の皆さん、この勝負どちらが勝っていると思われますか?
  でもそんなこと言っているより、国保税をどのやって引き下げるのか力を集中します。
  DSCN2264.JPG 
posted by やつおのおっちゃん at 22:36| Comment(0) | 日記