2020年11月23日

長男と地域にでかけました

  「一緒に行かないか」と声をかけると「行くわ」との返事で2人で25軒訪問しました。お付き合いのある方が多いですがかなり久しぶりの方もあります。このままコロナが収束しないと大変なことになる、でも首相は食事の仕方に文句を言うだけで解決方法を明らかにしないから、体力があればまだしのげるが、なくなってくると社会全体が地盤沈下起こしかねないとお話しすると、相手からは最近の暮らしぶりなど話題になります。いろいろ考えるところがありますね。
  もう少し残して今日の行動は終えました。10年ぶりに会えた人などかなり様子が変わっていましたが、それでも顔と名前が一致したらしく親しく声をかけてもらってうれしいですね。長男には長男の人生があり付き合いというものがありますので、親子で交流しながら行くのも楽しいものです。
  今の仕事が向いているのかどうかもありますが、本人が何らかの確信を持てるように、交流したり研修に赴いたり、仲間と議論したりするなど、努力すれば少しづつ結果が出てくるかもしれませんね。こういう面で少しだけ援助しようと思います。
  PB210135.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 20:00| Comment(0) | 日記

2020年11月22日

12月議会をどのように迎えるか

  などと「のほほん」としてもいかんのですが、少し時間的余裕ができたのでいろいろ準備を始めています。昨日は久々に自ら草刈機を操作して予定地の3割ほどを刈りましたが、気分転換にはいいですね。ご近所の方から声もかかり爽快です。残りは天候を見て月内にやっつけることにします。
  今日は12月議会での一般質問のテーマを吟味し、先日の自治体キャラバンでは解明できなかった事柄も検討するので、概ね4項目に整理して取り組もうと決めました。議会で質問する前に「今度の議会でこれを取り上げます」と住民各位にお知らせするようにしたいと考えています。傍聴にも来てほしいなあ。
  人との接触を避けるように呼びかけがありますので、在宅率がいつもの連休中よりはいくらか高いかなと予想していたところ、そうでもなさそうです。遠方に出かけるのは控えて近場で用事を済まそうとする手法がかなり徹底してきています。会いたいと思っていた人に久しぶりに会って様子を伺いました。特に事業を営んでいる方は見通しが立てられないとのこと。「自粛を言うなら補償とセットで」は今年一番の名言です。大企業栄えて国民枯るでは将来の見通しが立ちません。国に責任を果たさせようとすれば近づく総選挙が勝負ですね。
  それにしても第3波の到来というので、議員のところも緊張感が走ります。公人であるという理由で陽性になると氏名が公表されることになるに加え、期待される議員活動ができなくなるので、むしろそちらの方が大きいです。明日は今日会えなかった方を伺っていろいろ教えていただこうと思います。
   今日は久々に冬ソナを聴きました。
   5ED0QMNT.jpg
posted by やつおのおっちゃん at 21:01| Comment(0) | 日記

2020年11月21日

戦没者追悼式(簡略版)に参加しました

  いつもなら中央公民館大ホールで開催される式典ですが、いったん中止が決まった後、遺族会から相談があり、規模縮小して開催してはどうかということになりました。役場庁舎前ですが本日は役場はお休みの日ですから30人程度の小集会です。
  町長は、戦没者675名以外に空襲による死者も同様に追悼したい、と挨拶されたのが印象に残ります。そして戦没ということが発生した要因を「祖国と家族の安泰を願い」としました。毎年同様の挨拶が続きますが、675名の中には上司の命令で心ならずも加害者の立場に立たされた兵隊もいたはずであり、このまま推移するわけにはいかないなと感じます。そうした営みが近隣諸国との友好関係を築くうえで大事ではないかと感じます。
  役場庁舎入り口の碑です。
 *たまたま元気号通過時間に重なりました。やむを得ないと言えばそれまでですが、参列者の中を大型車が通行するのは問題があります。本日のみ少しだけ役場構内の別の場所は考えられてもよかったのではないかと思います。
  PB211115.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 14:02| Comment(0) | 日記

2020年11月20日

県下39自治体の国保担当職員の連名で県に「18歳までの国保医療費均等割の廃止」を申し入れたことが判明しました

  昨日の自治体キャラバン交渉では、いろいろ新たな事柄も明らかになってきて、やっぱり言い続けることが大事だなと改めて感じているところです。その中で大きなニュースがこれ。子どもが出来れば子ども手当の支給とか紙おむつの進呈とか、いろいろお祝いがあるのに、国保制度では子どもからも年間医療費として26,100円を追加徴収していることは子育て支援の町とは言えません。3月議会でも6月議会でも条例改定案を議員提案したのですが、残念ながら賛成少数で否決ということになっていました。そんな中での昨日の自治体キャラバンで町長の口から語られたのがこのことです。
  最初はいくつかの自治体から声が上がったが、最終的に全部の担当者の連名で18歳までの国保医療費均等割の廃止を知事に申し入れたとのことです。議員提案の条例改定案について、町は提案当事者ではないので責任ある答弁が出来ないので苦しんでいたかもしれませんね。否決にまわった議員各位はこうした事態をどのように受けとめるでしょうか。
  さあ、これで12月議会の論戦が俄然おもしろくなってきました。
  P4260961.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 16:59| Comment(0) | 日記

2020年11月19日

自治体キャラバン交渉参加しました

  町内4団体がこの一年間に集約した90項目を町に要望し、2時間かけて思いを町3役と企画部長に聞いてもらいました。簡単なコメントを町からいただきました。県実行委員会から奈商連の柴田事務局長さんと県農民連会長の森本さん(明日香村議)にも駆けつけてもらいました。今井光子県議も欠かさず参加していただいています。議会の一般質問で取り上げる必要のある課題も何件かありますね。一番の特徴は、住民が感じていることをストレートに町3役に伝えられるということで貴重な取り組みです。今回は体調不良で要望事項の整理に滞りが発生した関係で調整が遅れ、要望書提出が前日の11時という体たらくでしたが、何とか取り組めて安堵しています。1月12日までの文書回答をお願いしています。20,800字の大部ですが、よければ数日中に日本共産党議員団HPにアップしますので、読者の皆さんの暮らしに関係するところがないかどうか当たって見て下さい。
  来年からは主張の根拠たるべき資料も合わせて提出し、さらに説得力を高めることに努力したいと思います。関係者の皆さん、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
  山村町長が一回目の回答を行っているシーンです。
  126456835_2249417015201698_700971429339024870_o.jpg
posted by やつおのおっちゃん at 20:20| Comment(0) | 日記