2019年05月26日

「白い巨塔」を視る

   話題の5連夜ドラマ「白い巨塔」を視ています。言わずと知れた山崎豊子さんの小説のドラマ化ですが、田宮次郎さんの映画が思い出されます。私は高校二年生の時に原文で読んだ覚えがあります。この本は確かまだ持っていると思います、棚が未整理ですぐに出せませんが。高校生の時の印象は、この大学病院がどこの病院なのか?ということもあったように思います。ある方は東京大学病院ではないか、と言っておられたが、原文では判明するはずもありません。
   今日は朝から民医連病院の土庫病院友の会主催の恒例「健康祭」でした。信じられないほどの酷暑の中、病院職員が汗だくになって熱心に取り組んでいる姿が印象的でした。経営者は労をねぎらい、所定の賃金を負担しているのかどうか、そんなことも頭をよぎりましたが、仕事だからというだけであれほどのエネルギーが出るものとも思えません。職員各位も、恐らく地域医療の改善を求める友の会会員の皆さんの尽力に共鳴しておられるのではないか、そんなことを感じました。
   今日はドラマを視聴し終わったら、明日からの計画を確実に進められるようにしようと思います。
   P8051279.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:38| Comment(0) | 日記

2019年05月25日

焼きそば鉄板を載せるアングル組み立てに取り組む

   明日の健康祭りは猛暑の中で開催される見込みですが、準備を怠りなく進めるために前日の作業を行いました。雨で苦労するよりこっちの方が何倍もうれしい。
   さて今日は早めに寝て明日の鋭気をやしなうことにします。
   P5260179.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 22:26| Comment(0) | 日記

2019年05月24日

コメの高温障害対策をどうするか

  この週末は5月というのに急激に暑くなり、梅雨を飛び越して一度に夏に到達したかのような状況です。みなさんの地域ではいかがですか?奈良県では6月に入るといよいよ分水の供給が始まるので、各地で苗の準備や田んぼにトラクターなど田植えの準備に余念がありません。
  そんな中別件で農協職員さんにコメの高温障害について教えていただく機会がありました。この方の個人見解なのかもしれませんが、田植えの開始を6月10日頃まで順延してはどうかというものです。
  稲の成長段階でちょうど障害が発生する時期を外してはどうかというもの。調べてみると高温に強い品種を選択することと合わせ、時期をずらすのも有効な手段であることが分かりました。
  『晩生品種を使う・・・晩生品種を使い、秋涼しくなってから実らせる作り方も、効果があります。鹿児島県の「あきほなみ」、福井県の「あきさかり」は、その典型品種です。』との説明に当たりました。なるほど。
  私が小学生の頃は日本のコメ生産量は1300万トンと教科書に載っていましたが今はその半分700万トン程度なのだそうです。気候とあわせ、政治の責任の取り方として、TPPで危ない外国産の農産物を大量に輸入する見返りに工業製品の輸出を促進するなどいびつな産業政策を改めない限り、後継者はますます減り、日本の農業がますますダメになるのではと心配になりました。第一次産業をもっと大切にして産業だけでなく防災・減災にも効果を上げるようにしたいですね。
  町内の寺戸の水田です。田植えの準備が進んでいますが、大手ホームセンターの進出が予定されていると町が説明している地域です。
  P5242546.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 21:05| Comment(0) | 日記

2019年05月23日

駅頭宣伝の最近の特徴は・・・・・

  ズバリ、高校生のビラ受け取りが少しづつ増えていることですね。18歳選挙権というので、正式の選挙で投票を求められるようになると、やっぱり考えざるを得なくなるということでしょうか。
  夕刻とは異なり、早朝の気ぜわしい時間帯ですので、ビラの前・マイクの前を20秒ほどで通過します。このため、何を言っているのか分からないとの意見も寄せられているので工夫をし始めましたが、今週は折り畳み看板の出番はありませんでした。来週はちゃんと準備しますね。
  学校の中で有権者教育がどのように展開されているのか、投票率は他の年代と比較してどうなのかなどまだまだ明らかでない部分もあり、私たちも若い有権者がどのような要望でまとまろうとしているのか、十分に把握する努力が必要です。最近は、このあいだまで活躍していた20代の市議が一期で議員生活を終えたという話が伝わり残念だなあと感じています。
   P5222545.JPG
  
posted by やつおのおっちゃん at 17:18| Comment(0) | 日記

2019年05月22日

今日は詩吟教室

  水曜日は、朝は五位堂駅頭宣伝、夜は詩吟教室と決まっています。体調不良でお休みされた岡田先生が復帰し、腰痛でお休みが続いていたO氏が復帰し、先週帰省でお休みしていた私が参加したうえに、別の吟詩会ですが岡田先生が指導されている生徒が臨時で参加と相成り、久々に活気のある教室になりました。
  5月25日中央公民館での土曜教室の吟題の練習をしました。
  私も出げいこと称してたまには他の教室にでかけるのも面白いですね。
写真は奥伝に合格して証書を先生からいただいた時のもの。奥伝はランクの中ではちょうど真ん中あたりです。上手になってもう少しランクも上げたいですね。当面は競吟大会に出ること、練成会は欠かさないことなど日々のけいこを怠りなく進めたいと思います。何事もこれ「継続は力」と言いますね。実感です。
  P1100406.JPG
  
posted by やつおのおっちゃん at 22:45| Comment(0) | 日記