2018年04月21日

同窓会をどうするかい

   身上調査とセクハラ発言のオンパレードになりそうなのが同窓会ということでしょうか。故郷が400キロメートルも離れた地にあるので、北陸の地で開催された場合には迷うことなく欠席するのですが、今回は大阪でやるというので思い切って出席することにしました。懐かしいですね。
   この件は追ってこのブログでも報告することにしようかな?

 2870s[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 22:00| Comment(0) | 日記

2018年04月20日

仲介の労をとる

   ある市での話ですが、住宅の前に産業廃棄物処理業者がやってきて、事務所として使い始めたが、特にご挨拶があったわけではない中で、この度地元の有力者が仲介の労をとっていただき、その結果相談事が可能になったということを聞きました。なかなか難しいことですが、仲介の労をとってくださった方に感謝の気持ちを申し述べたいと思います。
   ご挨拶というのはなかなか難しいことです。しかしこれをしておくのとしないのとでは天地の差が開くことになると思います。そんなことを感じています。
   PA310508.JPG
   
   
posted by やつおのおっちゃん at 21:57| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

タブロイドの運用は議会改革になるのか

     議会のたびごとに持参するように求められ、議会のたびごとに「本会議場に持ち込むことを許可する」と言わしめているタブレットですが、あまり過大評価しない方がよいと思います。使用する紙の量が減ったというのが今のところ唯一の目的になっています。議案を読み込む力が後退しています。
日本共産党広陵議員団は、タブレット導入を否定はしませんが、当初からすべての議会資料を印刷できる環境をととのえよと主張し、このことを前提に協議してきました。私物のコピー機にて印刷できるようにしたいと相談を持ち掛けているようですが、最低限度の話として、データをフラッシュメモリーに保存して希望する議員に提供することも検討していただくてはなりません。
     ところがそこで登場したのが「情報漏洩を防ぐためにできるだけ印刷できないようにセッティングしている」との総務部長の答弁でした。おいおい、公開された議会に対して議長が開示した議案と付属資料はすべて情報公開の対象になるものであり秘密事項ではありません。秘密会の資料と混同しなさんなといいたい。さらに言えば「議会資料は秘密の資料などと言う発想そのものが誤りである」ことを主張してはばからないように対応することとします。
     P4130862.JPG 
posted by やつおのおっちゃん at 22:07| Comment(0) | 日記

2018年04月18日

商売の極意

     とあるタイヤ屋さんで見つけたのが渡辺崋山が著した商売の極意です。含蓄深く私の仕事にも生かせることがありそうです。「10両の客より100文の客を大切にせよ」などの指摘は庶民感覚を失わないようにするために重要な指摘であり、明治以降の資本主義発展に対する警句ともいうべき内容になっていると思います。日々の生活を大切にして、その中で節目の日を位置付けるならよいのですが、大きなイベント中心の行政では金の無駄遣いを誘発する危険がどうしてもありますね。
     P4160887.JPG
posted by やつおのおっちゃん at 23:11| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

政務活動費を請求しました

    年間12万円が上限ですが政務活動費の請求を行いました。1冊2000円の書籍を買い求めたら60冊が該当しますのでなかなかの金額になります。中には使い切ることができない場合もありますが、この場合は現金で返金しなければなりません。平成29年度別では2千円足らずを返金しました。
私の場合、ここ数年は1)自治研集会での研修2)町や県への情報公開請求3)政策テーマに関わる書籍購入4)住民アンケートの印刷と返送料等に使用しています。奈良県議会がHPで明細を明らかにし始めていることも踏まえ、広陵町でも町HPでの公開を検討したらよいと考えています。
    さらに、先払いであることから、目的外使用を誘発しているなどとする議論がありますが、支出後の後払いを選択するなら、月次での請求も可能であるようにしなければ、議員の立て替え払いとなり負担が大きくなるのではないかと懸念していますが、さてどこまで理解してもらえるでしょうか。
    22859970_1531840020241649_2528342882804866877_o[1].jpg
posted by やつおのおっちゃん at 22:53| Comment(0) | 日記